英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ渋谷校 渋谷校ブログ 「もちろん!」の返事で“of course”以外の表現は?

「もちろん!」の返事で“of course”以外の表現は?

こんにちは!英会話教室リンゲージ渋谷校のSaoriです。
本日は、「もちろん!」の返事で“of course”以外の表現は?
についてご紹介したいと思います。

“of course”以外の言い方は?

何かお願いされた・依頼されたときに、“of course”と返事しますよね。
“of course”は口語にすると、「もちろん」という表現なのですが、
何かお願いされたときの返事で、他に思いつく表現はありますか?

“Sure!”が、依頼されたときの返事として言うこともよくあります。
例文で、二つの違いをご紹介します。

例文からわかる二つの違い

・of course
“Did you watch this famous movie?” “Of course!”

→「この有名な映画、観た?」 「もちろん!」

・sure
“Can I use it?” “Sure!”

→「これ使ってもいい?」 「もちろん!」

口語的にはどちらも「もちろん」という表現です。
Of courseを使う際には、「当然」というニュアンスが含まれています。
Sureは、少しカジュアルな表現だそうです。

他には?

他の表現として、かしこまったレストランで表現する“Certainly”や、
快く引き受ける際に使われる“Why not?”もあります。
場面によって、「もちろん」の表現を使い分けてみましょう。

★英会話教室リンゲージ渋谷校TOPに戻る★

「もちろん!」の返事で“of course”以外の表現は?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験