じゃんけんを英語でやってみよう!

こんにちは!英会話教室リンゲージ渋谷校のEmikaです。
本日は、英会話の雑学 “じゃんけん”についてご紹介したいと思います。

そもそも “じゃんけん“ とは?

幼い頃から今も何かを決める時に使っている、
勝敗を分ける方法 “じゃんけん”ですが、
江戸時代から明治時代にかけて日本で成立したと言われています。
とても長い歴史があり、日本発祥だったとは驚きです!
そして、だんだんと世界中に浸透したそうです。

さっそく英語バージョンのじゃんけんをやってみましょう♪

まずじゃんけんに必要な手の形ですが、

グー Rock (Stone)
パー Paper
チョキ Scissors

です。
日本語の意味をそのまま英語にしていますね!
掛け声ですが、先ほどの言葉を使って

“Rock (Stone)!Paper!Scissors!GO!”

で出します。
GOではなく、One Two Three のThreeで出すこともあるそうです。

あいこになった場合は日本のような掛け声はなく、
もう一度じゃんけんをします☆

他の国では…??

フランス出身の講師Orpheeに、
フランスではどのようにじゃんけんをするのか聞いてみました!

Pierre (石) Papier (紙) Ciseaux (ハサミ) とフランス語にして、
掛け声は英語と同じで、Pierre!Papier!Ciseaux!(ピエール パピエ シゾー)ですが、
出すタイミングは英語と違って、最後のCiseauxで自分の出したい手の形を出します
慣れていない人は思わずCiseauxを出してしまいそうですね!(笑)
以上世界のじゃんけんについてでした☆彡

★英会話教室リンゲージ渋谷校TOPに戻る★

じゃんけんを英語でやってみよう!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験