英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ渋谷校 渋谷校ブログ 英語力を高めるボランティア “日本語教育アシスタント”

英語力を高めるボランティア “日本語教育アシスタント”

こんにちは!英会話教室リンゲージ渋谷校のHarukaです。

皆さんは、海外の小学校や中学校にて行う
“日本語教育アシスタント”のボランティアについてご存じですか?
オーストラリアの首都、キャンベラで
1か月の間このボランティアを楽しみ尽くしたHarukaがその魅力をお教えします!

日本語教育アシスタントとは?

オーストラリアをはじめニュージーランド、アメリカやカナダに多いこのボランティア。
特にオーストラリアの小学校や中学校では、
母国語の英語に次ぐ第二言語の習得に力を入れています。
そこで選ばれる人気の言語の1つに日本語があるのです!

日本語を教える先生はオーストラリア人の方が多いのが特徴です。
そこで、その先生たちを支えるのが日本語教育アシスタントのお仕事。

実際に授業では、先生と一緒に日本語を使ってロールプレイをしたり、
生徒に英語を使いながら日本語の自然な表現や地理、歴史、文化を伝えていったりします。

現地の小学生は日本語でまだ挨拶ができるほどのレベルです。
ひらがなやカタカナをその由来や覚え方と一緒に教えていきます。
中学生は簡単な文ならば組み立てられるほどのレベルです。
ここでは生徒たちが話す日本語が正しいかを、英語と日本語を交えながら話していきます。
時には生徒のテストの採点をしたり、
日本文化を紹介するために書道の授業をしたり、さまざまな体験ができます。

日本語教育アシスタントの魅力①親日の雰囲気

日本語教育アシスタントの1つ目の魅力は、何と言っても親日の雰囲気です!
海外でボランティア…と聞くと、
何か怖いような大きな勇気がいるような印象を受けるのではないでしょうか?

しかし、迎え入れてくれるのは日本語を生徒たちに教えている先生と、日本に興味のある生徒たち。
相手が「日本に対して好印象」であるということは、
海外ボランティアのハードルを下げること間違いなしです。

実際に私も現地でボランティアをしていた時にお世話になった日本語の先生は、
岡山に学生時代留学をしたことのあるオーストラリア人の女性でした。
1か月という短い間にも関わらず、
行動を共にする私に対して、キャンベラ土産を揃えてくれるほど優しく、
また、日本に興味があるからこそたくさんの質問をしてくれました。

生徒も最初はシャイな子供たちも多いものの、
日本語の勉強についてのみならず日本の暮らしや学校について興味津々。

こういった環境だからこそ、英語を多く喋る機会が持てますし、
日本という自分の一番の得意分野での話題によって、会話が盛り上がることができました。

日本語教育アシスタントの魅力②多くの現地の人との会話!

もう1つの魅力は、
多くの現地の人との会話ができること。

日本語の先生に合わせて一緒に動くことが多いので、
職員室での他の教科の先生との会話をはじめ、
昼休みは生徒に混ざりボール遊びをし、
放課後はその地域での日本語教師の集まった会議があれば同席できます。

学校内外問わず、色々な人の英語に触れられることも、
このボランティアの醍醐味かもしれません。

心地よい環境で元気な子供たちと一緒にボランティアができる、
日本語教育アシスタントにぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

★英会話教室リンゲージ渋谷校TOPに戻る★

英語力を高めるボランティア “日本語教育アシスタント”

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験