“so”を使って、英語力UP★

こんにちは!英会話教室リンゲージ渋谷校のSaoriです。
本日は「“so”を使って、英語力UP★」についてご紹介していきます。

“so”は実に多様に英会話で使用できます。
英会話で使うことによって、文章がよりナチュラルになります。

強調する場合

強調させるために、強調したい単語がある場合“so”を付けます。
例えば、

・Today is so hot!
・I’m so hungry.
・Thank you so much.

など言うことがあります。

“very”と同じ意味合いですが、“very”は客観的で、“so”は主観的な感情を表す際に使います。

接続する場合

文章を言った後、文章を続けたい場合、“so”を使います。

言葉が詰まってしまった時、何て言おうかすぐに言葉が出てこないときに
「それで・だから・なので」などのように繋ぎとして言うことができるので便利です。

“I’m so hungry…so…I want to eat something now.”

また、”so…that…”の構文も使えるようになると便利です。
色んな使い方があるので、今回は一つだけご紹介。

“I’m so busy that I cannot study English.” (私はとても忙しいので英語が勉強できない。)
とても…なので…だ。

構文を覚えるだけで、会話の幅も広がるので、ぜひ覚えてみてください★

★英会話教室リンゲージ渋谷校TOPに戻る★

“so”を使って、英語力UP★

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ渋谷校 渋谷校ブログ “so”を使って、英語力UP★