英会話 ”would”と”could” の違い

こんにちは!英会話教室リンゲージ渋谷校のSaoriです。
本日は、英会話 ”would”と”could” の違いについてご紹介したいと思います。

”would”と ”could”

まずは、”would”と”could”のもとの原型は何か知っていますか?
そう、この二つは助動詞に分類されており、”would” は ”will”、そして ”could” は ”can” の過去形となっています。
ただ、どちらも過去を表す以外の使い方が。
では、何に使われることが多いのでしょうか。

仮定法で使う”would”と”could”①

仮定法で ”would”と”could” を使うと、原形のニュアンスが弱まります。
例えばまず、何かをお願いしたいときに
”Can you open the door?” と ”Could you open the door?” の違いはどうでしょうか。
二つとも、相手に何か依頼したいときに使う表現です。
どちらもよく使われる表現ですが、”Could you~” の方が、より丁寧なニュアンスになります。

仮定法で使う ”would”と ”could”②

そして ”would” の場合。
まずは ”Will you~?” の表現だと、相手が自分の依頼をしてくれる、という前提でお願いする表現となります。
受け取り手によっては、命令されているように感じてしまうので使う際は注意が必要です。
また、”Would you~?” は ”Will you~?” をやわらげた表現です。
そして、”Would you mind~ing?” を付けるとより丁寧な表現となります。

”would” と ”could” の違いを理解し、使い分けができるようにしましょう☆

★英会話教室リンゲージ渋谷校TOPに戻る★

英会話 ”would”と”could” の違い

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験