英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ渋谷校 渋谷校ブログ 日本と違う?オーストラリアの独自のメニュー

日本と違う?オーストラリアの独自のメニュー

こんにちは!英会話教室リンゲージ渋谷校のSaoriです。
本日は、オーストラリアの独自のカフェメニューについてご紹介したいと思います。

ワーホリ中に苦戦したのは...

私は以前、オーストラリアのメルボルンにワーホリで行っていました。
その当時、現地のローカルカフェで働いていたのですが、
馴染みのないカフェメニュに最初苦戦しました。

最近はフラットホワイトなど、オーストラリアのカフェメニューも日本で見かけることはあります。

オーストラリアのカフェメニュー

・long black ロングブラック→アメリカ―ノ、いわゆるコーヒー
・flat white  フラットホワイト→ラテよりもフォームドミルクがかなり少ないもの
・duty chai ダーティチャイ→汚れたチャイではありません笑。チャイにエスプレッソを混ぜたもの
・baby chino ベビーチーノ→子供用の飲み物。粗いフォームドミルクにココアパウダーをのせたもの

メルボルンのカフェ文化

メルボルンはカフェ文化がとても盛んな地域です。
人々の生活にかなり馴染みがあり、一日に二回や三回オーダーしていくお客さんもいました。
また、”baby chino” があるように、子供小さいうちからカフェに行って、
オーダーするという生活が根付いています。
たくさんのカフェがメルボルンにはあるので、
滞在される方は巡ってみると面白いかもしれません。

★英会話教室リンゲージ渋谷校TOPに戻る★

日本と違う?オーストラリアの独自のメニュー

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験