イギリス文化~お菓子編~

こんにちは!英会話教室リンゲージ渋谷校スタッフのMegumiです!
今日はイギリスのお菓子、その中でも ”スコーン” についてお話したいと思います☆

スコーンって?

イギリスといえば??
そう!アフターヌーンティーですね!!
イギリスでは、時間帯関係なく紅茶を飲む習慣があり、
お昼下がりのカフェでゆっくりティータイムを楽しんでいる人をよく見かけます。

そんなスコーンの誕生は、イギリスの北西に位置するスコットランド発祥だと知っていましたか?
イギリスで、ジャムや魔法のクリームを添えたスコーンと紅茶を食べる習慣があります。
これを ”クリームティー” と呼んでいます。

次にこの魔法のクリームについてご説明します!

魔法のクリームとは??

日本でよく食べられるスコーンは、プレーン味はもちろん他にも、
チョコチップ、ベリー、紅茶などが一緒に混ぜられていて、そのまま手に取って食べることが多いかと思います。
また、形は三角の形をしたスコーンをよく見かけますね!

一方、イギリスのスコーンは丸い形が一般的!
そして基本的にイチゴジャムと魔法のクリームともいわれる ”クロテッドクリーム” と一緒に食べます。

見た目は、バターのような白いクリーム。
味は、濃厚なクリームチーズのようなリッチな味わいです。
一度試したら癖になってしまいそうなほどです、、、
が、カロリーはあまり知らないほうがいいかもしれないですね(笑)

食べ方としてはまず、スコーンをナイフで横に半分に切ります。
そしてジャムとクロテッドクリームをスコーンに載せていきます。

ここでポイントその1☆
「”薄く塗る” ではなく、”たっぷり載せる” こと」
スコーンに対してたっぷりのクロテッドクリームが添えられているので、
塗るのではなく、載せる感覚で豪快にたくさん使いましょう!

ここでポイントその2☆
 「載せる順番で味わい方が変わる!?」

クロテッドクリームの有名な産地が二つあり、
●デボン州で作られるクロテッドクリーム→デボンシャークリーム
○コーンウォール州で作られるクロテッドクリーム→コーニッシュクリーム
といいます。

●クロテッドクリームのあとにジャムを載せるのが、デボンスタイル
〇ジャムを載せてからクロテッドクリームを上に載せるのが、コーニッシュスタイル

上に付けたもののほうがより風味を感じられるので、
試す際はぜひ両方の食べ方で自分の好みの食べ方を見つけてみてください!
ちなみに、わたしはコーニッシュスタイル派です(^^)/

紅茶と一緒に♪

私はイギリスで実際に家庭におじゃまして
スコーンを一緒に作りました。
自分でも以前に作ったこともありましたが、材料や作り方も少しずつ違ったので
興味があり方はぜひ調べてみてください。

そしてイギリスに行った際は、紅茶を片手にぜひ本場のクリームティーを☆彡

★英会話教室リンゲージ渋谷校TOPに戻る★

イギリス文化~お菓子編~

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験