時間の表現をご紹介★

こんにちは!渋谷校スタッフです。
本日は時間の表現についてご紹介したいと思います!
ネイティブと会話している時に、
時間の様々な表現を知っていると便利ですよ♪

まずは、基本の「○時」の表現から

一見簡単に感じる時間の表現ですが、
英語となるとたまに混乱してしまいますよね。

「○時」の表現は、いくつかあります。
・3 o’clock
・5 PM
・2 AM sharp

ちなみに、日本でいう「20時」という表現は、
英語で「20 o’clock」とは言わないので注意。
「8 PM」などと表現します。

次は、「○分」を表現

一般的に、「2:35」は「two thirty-five」で伝わります。
せっかくなので、他の表現も覚えてみましょう♪

まずは、「○時○分過ぎ」は過ぎたという表現で「past」を使用します。
「5 past 10」で「10時5分過ぎ」
「20 past 1」で「1時20分過ぎ」となります。

ここで重要なのは、30分を越えると「past」は使用しません
「○分前」の「to」を使用します。
例えば「5 to 12」で「12時5分前」
「10 to 3」で「3時10分前」となります。

日本語では、「時間→分」の順番なので混乱しやすいですが、
英語の場合は逆になるので注意が必要です。

15、30、45分の表現は?

まず30分は、日本語でも「半」を使うように英語では「half」と言います。
「2時30分」の場合「half past 2」と表現します。
「half to 3」とはこの場合、表現しません。

そして15分は「fifteen past ○」「○ fifteen」「quarter past ○」
45分は「fifteen to ○」「○ fifteen」「quarter to ○」と表現できます。

私も最初、講師から聞いたときは今いち理解できなかったのですが、
画像のような絵を描いてもらってしっくり。
(ぼろぼろで歴史を感じます(笑))
会話の中で、時間表現を使って行きましょう♪

★英会話教室リンゲージ渋谷校TOPに戻る★

時間の表現をご紹介★

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ渋谷校 渋谷校ブログ 時間の表現をご紹介★