世界中で祝う!「母の日」☆

こんにちは!渋谷校のKarinです。

今日は「母の日」ですね。

いつの間にか根付いているこのイベント。
どんなきっかけで始まったのか気になりますよね!
そこで、今回は母の日に関する豆知識をご紹介します♪

そもそも母の日って?

「母の日」の由来は諸説あるようですが、
一番具体的なものはアメリカ発祥のエピソードです。

アメリカのアンナ・ジャービスという女性が、
亡き母を偲び追悼式で白いカーネーションを贈ったのが
母の日のきっかけになったと言われています。

その後、1914年のアメリカ議会で、
Wウィルソン大統領が5月の第2日曜日を「母の日」と定め、
国旗を掲げてお母さんに感謝の意を示す祝日としたのが母の日となり、
それがそのまま日本に伝わったそうです。

世界の母の日~英語圏~

日本では「母の日」といえば、
カーネーションを贈るのが一般的ですよね。

これは上に書いたように、
発祥となった出来事で贈った花がカーネーションだったから。

では、他の国でも同じなのでしょうか?

アメリカやイギリスでは
母の日に日本と同じでカーネーションを贈る人が多いそうです。
お花だけでなく、プレゼントやメッセージカードを添えて贈るのが一般的。
最近ではバラなど違うお花を贈ることもあるようです!
時代は変わっていきますね…!

オーストラリアでは
母の日にランチやディナーを一緒に食べて労う家族が多いそうです。
そして、贈るお花はなんと「菊」!!
日本で菊は死者を弔うお花というイメージがあるのでかなり驚きでした!

理由は、その名前。
菊は英語で“chrysanthemum”ですが、一般的な愛称は“mum”。
この言葉は母親を表す“mum”と同じ言葉だからだそう。
ふむふむ…国の文化の違いを感じますね!

世界の母の日~ヨーロッパ~

フランスでは
母の日にはカーネーションはフランスでは死者に贈る花とされているため、
贈らないのだとか。
そのため、特にこれ!
といった定番なプレゼントはないようです。
オシャレなフランスでは、
決まっていないほうが逆に良いのかもしれませんね!

ちなみに、お母さん大好きイタリアでは、
特に母の日は盛り上がらないようです。
なぜでしょうか?

そもそもイタリアでは毎日が母の日!?というくらい、
母親に感謝の言葉を贈りまくっているため、
わざわざその日に改めて祝うことはしないみたいです。
さすがAmoreの国。愛情表現の豊かさは見習いたいですね!

いかがでしたか?
やはり、「母は強し」!世界共通で偉大な存在ですね!

皆さんはどのような「母の日」を過ごしましたか?
ぜひ、日ごろの感謝の思いを伝えてみてくださいね♪

★英会話教室リンゲージ渋谷校TOPに戻る★

世界中で祝う!「母の日」☆

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ渋谷校 渋谷校ブログ 世界中で祝う!「母の日」☆