ふるさと納税を英語で説明しよう!

こんにちは!渋谷校のSaoriです。
本日はふるさと納税を英語でどうやったら英語で説明できるかをお伝えします♪実は、
このふるさと納税については渋谷校のフリートークテーブルでTabithaと生徒さんたちが話していて、
盛り上がっていました!

ふるさと納税は英語で?

日本では馴染みのあるふるさと納税。
数年前から日本で制度が始まり、あっという間に人気になりましたね。
ふるさと納税は英語でなんと言うかご存知ですか?
辞書で調べると「a hometown tax」と出てきますが、
強制感があって直訳でしっくりきません。
それでは、どうやって説明したら伝わるのでしょうか。

ふるさと納税の説明はどうやっていうの?

英メディアでは、以下のように書かれています。
Despite its use of the word "tax," the furusato nozei is essentially a means for people
to make donations to municipalities and prefectures of their choice.
(Tomohiro Osaka,"Hometown 'tax' donations system catching on,"
Japan Times/TCA Regional News, Chicago 10/20/2014)
「税金」という言葉が使われていますが、ふるさと納税は基本的に、
自分が選んだ市町村や都道府県に寄付金をする手段です。
また、辞書で調べると
"benefit-your-locality" tax scheme;
system in which taxpayers can choose to divert part of their residential tax to a specified local government
という英語で説明されています。

終わりに

いかがでしたか?フリートークで日本の変わった制度や事柄について、
外国人に説明すると英語での説明力がつきます。
挑戦してみてくださいね♪

★英会話教室リンゲージ渋谷校TOPに戻る★

ふるさと納税を英語で説明しよう!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験