英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ渋谷校 渋谷校ブログ 英語で就活!ワーホリでローカルジョブをゲットするには?vol.1

英語で就活!ワーホリでローカルジョブをゲットするには?vol.1

こんにちは、渋谷校のSaoriです。
今日は、オーストラリアに行った私がワーホリにて実際に現地で働く際にどうやってお仕事をGetしたか、二回に分けてお伝えしたいと思います。

まずは、情報収集から

私はオーストラリアのメルボルンに滞在していました。
最初の2か月は語学学校に通っていましたが、学校が終わってからは、お仕事探しをしました。

せっかくワーホリに来たからには、いわゆるジャパレス(日本食レストラン)で働くのではなく、ローカルのカフェで働きたいと思い、カフェに絞ってお仕事探しをしました。

まずは、近所のカフェや遊びに行って気になったカフェをリストアップ。
あとは、FacebookGumtree(オーストラリアの情報サイト)で求人を検索しました。
現地にもともと住んでいる友達から情報を仕入れることもおすすめ。

CVの作成も大事!

CV、またはレジュメとも言います。
CV/レジュメとは、”course of life”つまり日本でいう、履歴書です。

日本では、まず面接の予約日時を決めて、面接の際にCV/レジュメを持っていく流れが一般的ですが、お店に直接CVを持って行ってその場で採用!なんてこともあります。
CV/レジュメは、日本の履歴書のようにフォーマットが記載されているわけではなく、自分で全て文章を作成します。

ここで大切なのは、いかに自分をアピールするか。
ローカルジョブは人気なので、ライバルがたくさんいることもお忘れなく。

賃金の確認もお忘れなく

私が実際に体験したのは、Gumtreeに仕事を探している旨を記載したら、とあるカフェのオーナーから、働かないかとの依頼がきました。
いざ、そこのカフェに行ってみて賃金を確かめると、国が決めている最低賃金よりもかなり低い料金を言われ、丁重にお断りしました。

ワーホリで来ている人は、低めの賃金を言われるので、しっかり見極め、質問もしてみてください!

その後、私がローカルジョブをゲットするまでの流れはVol.2にて。乞うご期待!!

英語で就活!ワーホリでローカルジョブをゲットするには?vol.1

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ渋谷校 渋谷校ブログ 英語で就活!ワーホリでローカルジョブをゲットするには?vol.1