英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ渋谷校 渋谷校ブログ知らずに使っている!?あなたのそのカタカナ英語は通じないかも!

知らずに使っている!?あなたのそのカタカナ英語は通じないかも!

こんにちは!渋谷校のSaoriです。
意外と知らずに使っているかもしれないカタカナ英語。
実は日本にはたくさんのカタカナ英語が溢れています。
今回は、いくつかカタカナ英語をご紹介いたします。

家電を英語で言ってみよう!

私たちの生活に身近にある、家電製品たち。
その中でも、いくつかカタカナ英語が隠れています。
まずは、娯楽の代表・テレビ!!一見完璧な英語に感じます。
が!実は、こちらもカタカナ英語。英語では「TV」で通じます。

そして、料理に欠かせない電子レンジ。
レンジ?こちらもカタカナ英語。
実際には「microwave」です。レンジだと、ガスコンロ、料理用のストーブを指すので遠くはないのですが、microwaveがここでは正しいです。
例えば海外のホテルに行ったとき、テレビがつかない、電子レンジを使いたいなどの場合、ぜひ言ってみましょう!

お仕事で使うかも?でもこれも実はカタカナ英語!

日本ではアルバイト。アルバイトの人。「今日はこれからバイトなの。」など使いますよね。
実は、こちらも実際の英語では「part-time job」です。

また、日本で馴染みのある「OL」、こちらも英語では使いません。
「office lady」が正しいの?と思う方もいらっしゃると思いますが、「Office lady」自体が和製英語なんです。
では、実際には?そう、男女の区別がなく「Office worker」です。
これを聞いて私は、さすが男女の区別を付けがちな日本だなと感じました!

体型については?

日本語では良く、「あの人スタイルいいよね!」や「スタイル良くなりたーい!」など、体型に関して「スタイル」という単語を使います。
英語で「style」は服装や髪の種類や、着こなし方、流行型を指し、体格とは関係ない言葉です。
英語では「figure」で(体の)スタイルを指します。それに関連して、太っている人に対して「メタボ」ではなく、「big, overweight, fat」と言いますが日本と同じで直接言うのは失礼なので注意!!!

いかがでしたか?
日本にはたくさんのカタカナ英語にあふれていて、たとえ単語が同じであっても発音の仕方が違うだけで通じない場合もあります。
ネイティブの発音などを聞いて、カタカナ英語との違いを探してみるのも面白いかもしれません♪

知らずに使っている!?あなたのそのカタカナ英語は通じないかも!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP