英語で自己紹介をしてみましょう!

こんにちは、渋谷校のYokoです。

今回は、相手と知り合う入り口『自己紹介』を英語でするコツをご紹介したいと思います。

中学生レベルでもOK!

『自己紹介ってなに言えばいいんだろう…』

体験レッスンに入る前、いつもみなさん心配なさいます。

今日、初めて会う先生に「はじめまして」という挨拶なので、緊張して当然!
何を言えばいいのやら…頭がぐるぐる回ってしまいますよね。

でも、よーーーく思い出してください。
中学生の時、初めて習った英語は『Nice to meet you』でしたよね!

難しく考えなくても大丈夫。
昔、散々練習しているんです!昔勉強したよなあ…というフレーズを少しずつでも出せればOK!
まずは『Nice to meet you』から始めましょう!

人との出会いは突然です。
何を言うか完璧に用意して話し出す方が珍しいと思います。
ここは度胸と思って、まずは笑顔で声を出してみましょう!

リンゲージの先生もフレンドリーに『Hi!』と笑顔でやってくるわけですから、心配しなくても大丈夫!
渋谷校の先生は優しくて、お喋り大好きな先生ばかりなので、会話を弾ませてくれますよ!

自己紹介・ネタ切れしそうな時は…

自己紹介で難しいのは、何を言うかの『ネタ』ですよね。

日本語でも自己紹介って難しくて、出身地や仕事や住んでいるところは言えるけど、趣味や好きなこと、特技なんかはパッとすぐには出てこなかったりします。

『ああ…何を言えばいいんだろう…』
と止まってしまって、沈黙が起きてしまう瞬間です。

そんな『ネタ切れ』を起こしそうな時は、質問力を使ってみましょう!

例えば
“I’m from Kyoto.”
『私は京都出身です』

これは簡単ですよね。ここから
“Have you been to Kyoto?”
『京都に行ったことはありますか?』

相手に質問を投げかけちゃいましょう!

もし相手が京都に行ったことがあって、共通の話題、例えばオススメの観光スポットや食べ物があったら、それで盛り上がるかもしれません。
行ったことがなければ、自分の思い出の場所やいいなと思う京都を教えてあげてもいいかも知れません。

相手の答えに合わせて、自分の意見を乗せて返答をすると、コミュニケーションのボールをやり取りしながら、自分の事も話せちゃいます!

出身地でなくても、なんにでも使えるコツ!
サッカーが趣味なら、サッカーのことを尋ねて、自分の好きなサッカーチームの事を話したり、海外旅行が好きなら、行ったことある国の話や、どうして好きなのかという話まで。

どんどん数珠つなぎにお喋りしちゃいましょう!

自己紹介は完璧でなくても大丈夫!

会社の面接など、自分をアピールしなくてはいけない、話さなくてはいけない事が決まっている場所ではない限り、自己紹介は型にはまったものでなくても大丈夫です。

『自分のことを知ってもらう』ための自己紹介ですので、
『1名前・2出身地・3年齢・4趣味・5特技を言いました。以上です。』
なんていうのも寂しいですよね。

せっかくなら相手のことも聞きながら一緒に英会話を楽しんでみましょう!

リンゲージの体験レッスンでは、先生もみなさんと仲良くなりたい!と思っています。
そして、案外先生も緊張していたりします。

初めましての場所は、いつでも新しくて緊張するもの。
これから習う英会話、間違えちゃっても当然だ!と思って、たくさん話してみましょう!

体験レッスンは、自己紹介から始める緊張のマンツーマンレッスンですが、新しい出会いを思いっきり楽しんでくださいね!
先生も楽しみにお待ちしています!!
★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★

英語で自己紹介をしてみましょう!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP