TOEIC★リスニングパート

こんにちは!渋谷校のKanameです。
今日は、TOEICのリスニング対策について紹介します☆

リスニングパート全体を理解しよう!

TOEICのリスニングセクションは、45分間Part1からPart4の4つのパートを通して
日常やビジネスの場面における英語を聞いて理解できるかどうか測ります。
ナチュラルスピードに対応できる力と語彙力が課題となります。

Part1:写真描写問題 (6問)
写真を事前に見ておき、内容を推測しながら聞くのがポイントです!

Part2:応答問題 (25問)
質問・応答が問題冊子に書かれていないため、すべて音声で処理しなくてはならない問題です。

Part3:会話問題 (39問)
会話の概要や詳細に関する情報を理解できる力をチェックします。

Part4:説明文問題 (30問)
アナウンスやナレーションの内容を聞き、選択肢から答えを選びます。
トークの内容と問題冊子に書かれた図などを関連付けて回答するものもあります。

最初の3語に集中!

英語では前半部分にどうなったかの結果が来ます。
つまり、「誰が」、「現在・過去・未来」、「肯定・否定」、「何を」などの情報が最初に詰まっています。
意識的に最初の3語を聞いてみると、リスニングに対する瞬発力がつくようになります。

また、WH疑問文(what/when/where/who/why/how)の場合は、最初の1~2語がカギとなります!
いつWH疑問文が流れてくるかわかりませんから集中して、冒頭から動詞くらいまでを理解することがポイントです!

会話の流れをチェック!

Part3,4は少しずつ長い文となっていきますが、基本的に会話の流れと設問の順番は同じですから、流れを把握するようにしてみて下さい!

Part3で特に注意するべき表現は以下となります。

①基本情報:会話のトピック、場所、話し手の職業など、話の概要をつかむ。
②詳細情報:WHで始まる細かい設問をピンポイントで理解する。
③依頼・提案・申し出:ask(依頼する),suggest(提案する),offer(申し出る)のような語がある場合は話し手の発言を聞きとります。
④「次の行動」:What … do next?といった設問もあります。会話の後半がヒントとなります!
⑤問題・心配事:What is the problem?といった設問がある時は「~できない、壊れている」や心配しているような表現を聞き取りましょう。

Part4はPart3よりも長くなりますが同じように話の概要を把握し、
具体的な日時や天気などをキャッチしましょう!!

わからないところなどありましたら、ぜひスタッフに質問してくださいね!お待ちしています(*‘∀‘*)

TOEIC★リスニングパート

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ渋谷校 渋谷校ブログ TOEIC★リスニングパート