ロンボク島に行ってみた。

こんにちは!渋谷校のKojiです^^
今回はロンボク島での体験を紹介したいと思います☆

ロンボク島って…どこ?!(;゚Д゚)ノ

ロンボク島を知っている人はとても少ないと思います。今回の旅はドイツの友人に誘われて行ったのですが、
私も名前を聞いたとき

┓(゚A゚ ) ┏ナニソレ

という感じでした笑

バリ島は日本でもポピュラーですが、実はそのとなりにあるロンボク島はまだまだマイナーで、実際に現地で知り合ったのはほとんど欧米人でした。

旅行客の多くがサーフィンやハイキング目的のバックパッカーで、その日に知り合った人とご飯に行くなどとってもフレンドリーでした!

交渉力が勝負のカギ…?!

観光地には必ずと言っていいほど大きな市場があり、たくさん露店が出ています。
観光客はお土産を買うためいろいろ見てまわるのですが、値札が付いていないものばかり!
つまり、値段交渉することになります。

5日間滞在した経験をもとにすると、ラストプライス(最安値)は初めの言い値のおよそ半額から3分の1ほどでした。

ほとんど値切り交渉をしたことがない私でしたが、コツをつかんでくるととても楽しくなり、慣れてくると帰るフリなどをしてさらに安い値段を引き出したりしていました笑

同じようなお店が並んでいたら、「あっちの店ではこの値段だったけどもっと安くなる?」と聞いてみてもいいかもしれませんね♪

知ってると役に立つかも…!?

場面① バリ空港で乗り継ぎをするとき
“Where is the domestic airport that flies to Lombok?”
「ロンボク島行きの国内線乗り場はどこですか?」

場面② メニューの料理がどういうものか知りたいとき
“What is this like?”(メニューを指しながら)
「これはどのような料理ですか?」

場面③ 試着したいとき
“Can I try it on?”
「これ着てみてもいいですか?」

是非ためしてみてください!(`・ω・´)ゞ

ロンボク島に行ってみた。