アメリカの小学校の日常 ~Morning編~

こんにちは!渋谷校のAnjuです。
今日はアメリカの小学校で毎朝行われる"Flag Ceremony"についてご紹介します!

毎朝必ず行う?!”Pledge of Allegiance”

アメリカの小学校では、毎朝"Flag Ceremony"を行います。

"Flag Ceremony"とは、アメリカ合衆国の国旗に向かって国家への忠誠の誓いを行う儀式で、
ホームルーム開始前などに国旗に顔を向け、右手を左胸の上において"Pledge of Allegiance"を暗唱するのが一般的なやり方です。
小学校だけではなく、中・高等学校や公式行事などでも行われます!

正式名称は”Flag Ceremony”ですが、普段は省略して”Pledge”と呼ばれたりもしているんですよ!

なんて言ってるの??

“I pledge allegiance to the Flag of the United States of America, and to the Republic for which it stands, one Nation under God, indivisible, with liberty and justice for all.”
「私はアメリカ合衆国国旗と、それが象徴する、万民のための自由と正義を備えた、神の下の分割すべからざる一国家である共和国に、忠誠を誓います」

覚えるのが大変そうですが、子供たちは小さいころから毎朝言い続けているため、リズムで覚えてしまっている子が多いそうです。
「門前の小僧 習わぬ経を読む」とはまさにこのことですね!

国旗のたたみ方

このFlag Ceremonyで使われる国旗ですが、教室内に常に掲げられているところもあれば、校旗と一緒に毎朝当番の子が掲揚するところもあります。

~国旗のたたみ方~
1.縦長に二つ折りにする
2.同じ向きでもう一度折る(この際、星条旗の青の部分が外側になるように)
3.片が閉じている側の角を、開いている辺に向かって三角形を作るように折り進める
4.余った部分を三角形の中にしまいこむ

海外ドラマや洋画で現地の小学校がでてきたときには、
「あぁこんなことやってるんだなぁ」
と文化を味わいながら観てみてくださいね!

アメリカの小学校の日常 ~Morning編~