英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ渋谷校 渋谷校ブログ英語の日常会話で使えるあいづち Part.1

英語の日常会話で使えるあいづち Part.1

こんにちは、渋谷校のAnjuです。
今日は、レッスン中にも使えるあいづちについて紹介します!

普段のあいづち、全て「音」になっていませんか?

英語でコミュニケーションを取る際、どのようなあいづちを打っていますか?
日本で一般的な「あ~」「へぇ~」「おぉ~」など、ついつい言葉ではない「音」で反応をしてしまうことが多いかと思います。
せっかくなので、海外で使われるあいづちをかっこよく使いこなしてみましょう!

こんな時にはこんな表現!

★うなずく時
「uh-huh」
「yeah」
「I know」
「true」
「sure」
「of course」
「absolutely」
「definitely」

★いいね!と思うとき
「great!」
「good for you!」
「sounds good!」
「awesome!」

★悲しい(お気の毒)と思うとき
「I’m sorry」
「sorry to hear that」
「oh, no」

レッスン中やフリートークなど、積極的に使ってみてください!
コツとしては、相手の話に被せて反応するとカッコよく見えますよ!
映画などはもちろんのこと、インストラクターのあいづちの仕方にも注目してみましょう!

その返事、逆の意味で伝わってるかも!?

日本語では、
「~しなかったの?」と否定文で質問されたとき、
「うん、しなかった」(首をに振る)→しなかった
「ううん、した」(首をに振る)→した

しかし! 英語圏では!

「Didn’t you~?」と否定文聞かれたときは、
「No, I didn’t~」(首をに振る)→しなかった
「Yes, I did~」(首をに振る)→した

なんと首の動きが日本とは逆になります!

意外と日本仕様のままで会話してしまっているのでは!?
まずはあいづちからネイティブスピーカーになりきってみましょう!

英語の日常会話で使えるあいづち Part.1