すきま時間の活用術

こんにちは。渋谷校のゆかです!
今日は「すきま時間の活用術」についてご紹介します♪

1時間ぶっ通しよりも10分×6の方が集中できる!

今日は勉強するぞ!と机にむかったものの、気づいたらスマホを触っていた…
なんてことありませんか?
わたしは気づいたらウトウトと舟をこいでいたことも多々。
1時間ずっと高い集中力を維持するのは難しいけれど、10分程度の短時間なら集中できそうですよね!

レッスンの帰りの電車でその日の復習!

そこでどんな活用法があるのか少しご紹介します♪

1.復習はすぐ行う!
レッスンの復習はその日のうちがGOOD!
帰りの電車で、レッスンで学んだ新しいフレーズをノートに書きだしたり、そのフレーズを使って自分だけの例文を作ったりするとレッスン内容がより身につきます☆

2.読書をする
リンゲージではペンギンリーダースという英語の多読本を無料でお貸出ししています。
日本の文庫本より薄くて軽いので持ち運びも楽です♪

3.TODOリストを作る/確認する
その日・週に何をするか優先度高い順に書き出すとすきま時間にやるべきことが見えてきます☆

4.好きな洋楽を聴きながら英語の勉強
レッスンの予習と同じように「洋楽を聴く→歌詞を確認→和訳を確認」と3ステップを行うことで、音楽を楽しむだけでなく勉強にもつながります!

他にも調べものや机の上の片づけなどなど。
たったの10分されど10分。すきま時間でも様々な事ができます!

まとめ

すきま時間を有効活用することで時間に余裕がうまれます。
すると今までやりたかったけど、時間がなくて諦めていたことができるようになります!
時間の有効活用は1日に余裕を持たせるだけではなく、行動範囲を広げ、見聞も広がります。
知識量も増やせますし、いいこと尽くしですね!(´▽`*)

ちなみに、英語学習(言語学習)は特に日々の積み重ねが大切です。
1週間のうち1日に1時間勉強するよりも、1日8~10分の勉強を毎日行う方が身につきます。
なので、私もまだまだうまく活用できていないのですが、みなさんもぜひすきま時間を活用して英語学習や学校・お仕事に役立ててみませんか?

本日は以上です。素敵な1日をお過ごしください♪

すきま時間の活用術