オススメ映画『シング・ストリート』

こんにちは。渋谷校のゆかです^^
今回は映画と音楽が融合した『シング・ストリート 未来へのうた』という映画をご紹介します♪

★あらすじ

1985年、大不況下のアイルランド・首都ダブリンを舞台にした青春ドラマです。
父親の失業のために荒れ狂った学校へ転校することとなった少年・コナー。
両親の離婚話やいじめに苦しみ、唯一の幸せは兄とロンドンのミュージックビデオをTVで観ている時だけでした。

そんな人生どん底の中、コナーに突然初恋が訪れます!
相手は年上でモデルの女性。
好きな人を振り向かせるために、思わず「ぼくのバンドのPVに出ない?」と声をかけてしまいます。

バンド自体が遠い存在であった冴えないコナーでしたが、これをきっかけにバンドを組み、練習と曲作りの日々が始まります。

★Sing Street『Drive It Like You Stole It』

この曲はコナーのバンドが実際に劇中で歌っている曲で、迷っている時・悩んでいる時に背中を押してくれるような曲です。

サビ部分の歌詞をちょこっとご紹介すると、
This is your life, you can go anywhere.
This is your life, you can be anything.
「これは君の人生だから、どこにでもいけるし、何にでもなれるんだよ」という前向きな内容です。

このサビの部分はシンプルだからこそ強く心に響くような気がします!
前向きになれない時やどうするべきか迷う時・落ち込んでいる時にはこの曲がオススメです^^

★さいごに

英語を勉強する時、なかなか上達しなくて苦しいときもあると思います。
そんな時に好きな英語の映画や音楽があればモチベーションが維持できて、勉強にもなるので一石二鳥です!

みなさんのお気に入りの作品や曲があったらぜひぜひ教えてください♪^^

オススメ映画『シング・ストリート』