英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ渋谷校 渋谷校ブログ Syllables「音節」について英語で読んでみよう!

新宿本校に統合いたしました。

オンライン英会話も選べる!

Syllables「音節」について英語で読んでみよう!

こんにちは!渋谷校インストラクターのMatthewです!
今日は音節について説明していきます。

“Syllables”?

Knowing how many syllables are in a word can make it much easier to pronounce. A syllable is a strong voiced part of a word. Number of letters and combinations do not mean a syllable exists. It is very important not to assume the Japanese pronunciation is stand, as it can greatly change the sound of a word (e.g. McDonald’s).

1つの単語の中に何個の音節があるかで、発音がより簡単になるのを知っていますか。音節とは単語のなかで強く発音する部分のこと。文字数や組み合わせは音節を意味していません。大事な事は、日本語で使う発音を標準の発音だと決めつけないことです。単語のサウンドは変わることがあります。(例えば、マクドナルド)

1 syllable

For example, words like “chair”, ”door”, and “white” have one syllable. There is one powerful sound in the word. “ch” is not voiced, for example. And “ai” is a combined sound, so it’s only one sound!

例えば“chair” “door” “white”のような単語の音節は1つです。単語の中で1つだけ強く発音する音があります。”ch” は声に出しません。また、“ai” は組み合わせの音であり1つの音となります。

If you’re unsure, look in most dictionaries. They will show a little dash or dot between each syllable.

もし理解が難しければ辞書を見てみてください。辞書にダッシュや点が音節ごとにあります。

Mc-Do-nalds

Some words can sound the same in Japanese, but many are very different. For example, in Japanese, McDonald’s in Japanese might have up to 6 syllables! But in English, it would have three. Mc-Do-nalds.

いくつかの単語は日本語と同じですか、ほとんどの単語が日本語と違います。例えば、マクドナルドで比べてみると、日本語には6個の音節に分けられます! でも、英語の場合、McDonald’sは3個の音節になります。

Tip: adding an “s” the end of a word usually does not add a syllable.
E.g. Chair/chairs(1 syllable)

補足:単語の最後に“s”をつけることは、音節が増えるということではありません。

examples

1 Syllable examples(1つの音節例): red, closed, kick, bat, reap
2 Syllable examples(2つの音節例): crowded, cloudy, happy, towel, expert
3 Syllable examples(3つの音節例): expensive, unstable, represent

Syllables「音節」について英語で読んでみよう!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
最大3ヶ月グループレッスン無料!
まずは気軽に無料体験