わからない時、英語でなんて言う?

わからない時、英語でなんて言う?

こんにちは。渋谷校のKanameです。
会話中に何を話しているのかわからなくなったり、英語で何と言ったら良いか、ためらった経験はありませんか?

今日はそんな「わからない時」に使う英語表現をご紹介します。

“I don’t know.” にバリエーションを!

わからなくなった時、とっさに“I don’t know. ”が出てくるのはといいのですが、どんなシチュエーションでもこの表現に頼っていませんか?

たとえば、

“I don’t know what it is.”
と、whatをつけるだけで、「これが、何なのかわかりません。」となります。

他にも、

“I don’t know where she is.”
「彼女がどこに行ったかわかりません。」

“I don’t know how.”
「どうやるか知りません。」

“I don’t know why.”
「理由を知りません。」

こんな風に何がわからないのか、知らないのかをはっきりと表してみてください!

確信がもてない時

I’m not sure.”は、確信が持てない時、正確にはわからない時に使います。

会話では、

I’m not sure when she will be back.
「彼女がいつ戻るのかわからないよ。」

I’m not sure if this is right.
「これが正しいか定かではない。」
という風に疑問詞、接続詞を用いて様々な表現ができます。

また、全然わからず検討もつかない時は
I have no idea.”と表現します。

理解ができず、わからない時

I don’t understand it.
I don’t get it.

どちらも同じ意味で「わかりません」を表します。
ただ、getを使った方がカジュアルな印象になるので、ビジネスシーンなどでは避けた方がいいですね。

レッスンでわからなくなってしまった時に、ぜひ使ってみてください★