英語で道案内してみよう!

こんにちは。渋谷校のMahoです。
今日は、英語での道案内の仕方について紹介したいと思います。

最近、主要な観光都市だけでなく、様々なところで多くの外国人観光客を見かけるようになりましたよね!日本は、たくさんの種類の電車があって、複雑な道が多くあるので、海外の人にとってはとても大変です。そのため、道に迷う人も多くなっています。

困っている外国人を見かけたら、進んで声をかけてみましょう!

困っている人を見かけたら…

勇気を出して英語で声をかけてみましょう!

"Do you need help?"=お困りですか?
→このフレーズは、道に困っている人だけでなく、どんな困りごとにも使えるので、覚えておくと良いでしょう!

他には、
"Are you lost?"=道に迷っていますか?
"Where are you trying to go?"=どこに行きたいですか?

などのフレーズも使えます!

道案内で使えるフレーズ

go straight まっすぐ行く
go past 通り過ぎる
go along そっていく
turn right 右へ曲がる 
turn left 左へ曲がる 
cross 反対側へ行く

道順を伝えたら、こんなフレーズを使って目的地の場所を伝えてみましょう!

next to 隣
between 間
opposite 向かい
across from はさんで
near 近く
at the end of 終わりに

の熟語だけでもだいたい伝わると思うので、覚えてみてください!

目的地まで案内できる時

"I’ll take you there, follow me please."=そこまで連れていきますよ!ついてきてください!

"Shall I go with you?"=一緒に行きましょうか?

聞かれた場所についてどうしても分からない時

"Sorry, I don’t know this area well."=このあたりのことはよく知らないんです。

これで、外国人に道を聞かれても怖くないですよね!!
自信を持って、案内してみてください^^

英語で道案内してみよう!