海外で気をつけること

こんにちは。渋谷校のMahoです。
私は今年の夏、東南アジアでの海外インターンプログラムに参加するため、危機管理講習会に参加してきました。そこで学んだ、海外で街を歩くときに気をつけるべきことを皆さんにもお伝えしたいと思います!

日本は世界一安全な国

本当に日本は安全な国だと実感することが多くあります。
例えば、レストランで席を離れるとき、席取りをするときに荷物を置いたままにした経験はありませんか?
また、多くの男性がズボンのポケットにお財布や携帯などの貴重品を入れていませんか?

日本では、このような様子をよく見かけますよね。実際に盗難にあう可能性が低いため、多くの人がこのような行動をとってしまうと思います。でも、海外では無警戒に行動することは危険です。
そこで、意識しなくてはいけないことをまとめてみました!!

・目の届かないところに荷物を置かない
・貴重品(スマホ、お財布など)を人目につくように持ち歩かない
・目立つ格好をしない
・バッグを車道側に持たない、前に抱えるように持つ
・歩行者優先だと思わない
・360°警戒する
・盗難にあっても、追いかけたり捕まえたりしない
→ あきらめることも必要です。パスポートやお金、思い出の写真がたくさん入ったカメラやスマホを盗まれるわけにはいかないという気持ちも分かりますが、一番守らなければいけないのは、命です。

命 → パスポート → お金 → カメラ

日本での当たり前を海外でも当たり前だとは思わないことが大切です。
日本とは違う!!ということを意識するだけでも、リスクを減らすことができると思います!!

タクシーを利用する時

タクシーやトゥクトゥク(東南アジアでよく利用される三輪車タクシー)を利用する時は、
・行き先をしっかりと伝える
・いくらかかるのか事前に確認・交渉する
→ お金の単位(ペソなのか、ドルなのかetc.)までしっかりと伝えること!
・怪しい車には乗らない

全く言葉が分からず、現地の情報を知らない人だとわかると、少し多めに料金を取ろうと思う人もいるかもしれません。最低限の言語知識、現地の文化や習慣などを調べておくといいですね。

危険な目に合わないことが一番ですが、お金で損をすると気分も下がってしまいますよね!細心の注意を払って、楽しく目的地まで行きましょう!

盗難防止の必須アイテム!セキュリティーバッグ!

パスポートやカードなどの貴重品を服の内側に隠して持ち歩くことができる軽量のバッグ。首にかけるタイプやウエストポーチタイプもあります!!

必要な情報や知識を事前に知り、安心・安全な海外旅行を楽しみましょう!!!

海外で気をつけること