英語で自己紹介をしよう!

こんにちは。渋谷校のKanameです。
今回はノーマルな自己紹介や、ちょっとアレンジした自己紹介の表現など、実際に使えそうな表現をご紹介したいと思います。

名前の紹介

誰でも“My name is 〇〇〇.”と名前は紹介できると思いますが、そこでもう一言付け加えるとしたら、“Please call me ●●●.”と呼んでほしいニックネームを伝えましょう。
私の名前も海外の方には聞き取ってもらえないことが多く、Canamiと呼んでもらうことが多いです。

また、 “Everyone calls me ●●●.”「みんなは私のことを●●●と呼びます」というように周りが呼んでいる愛称のようなものを伝えるのも一つのアイデアですね!

生まれや住まいの表現

生まれは、“I’m from △△△.”で表現できますね!
育った場所は“I grew up in ×××.”で表現できます。

また、生まれと育ちが同じ場所の場合は
“I was born and raised in Tokyo.”
「生まれも育ちも東京です。」
“I have lived in Tokyo since I was born.”
「生まれた時からずっと東京に住んでいます。」
と表現することもできます。

引っ越しをしている方は以下の表現もおぼえておくと、詳細な説明ができますね!
“I was born in Okinawa,but my parents moved to Tokyo when I was 3 years old.”
「私は沖縄で生まれましたが、3歳の時に両親が東京に引っ越しました。」

職業の紹介

I’m a teacher.「私は先生です。」というようにI’mの後にご自身の職業をあてはめましょう。
「私は▲▲▲で働いています。」という表現は、

“I work for a ▲▲▲.”や“I work in a ▲▲▲.”で表現できます。
どちらも同じ意味で、「work for(職場)」、「work in(職場)」で表せます。

また、asを使ってどんな雇用関係かも表現できます。
I work for a company called ABC Inc as a temporary worker.
「私はABCという会社で派遣社員として働いています。」

いかがでしたでしょうか。
ぜひ様々な表現で自己紹介をして、ご自身についてもっと知ってもらいましょう!

英語で自己紹介をしよう!