英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ渋谷校 渋谷校ブログアメリカ英語とイギリス英語の違いって?~part1~

アメリカ英語とイギリス英語の違いって?~part1~

アメリカ英語とイギリス英語の違いって?~part1~

こんにちは。渋谷校のKanameです。
今日はアメリカ英語とイギリス英語の違いを紹介します。

何が違うの?

「アメリカ英語とイギリス英語は全然違う!」なんて話聞いたことはありませんか?
具体的には「発音」「単語」「スペル」「表現」「文法」に違いがあると言われています。今日は単語と発音の違いを探ってみようと思います!

単語の違い

早速、同じものなのに呼び方が違う単語を紹介します。

「秋」
アメリカ:fall
イギリス:autumn

「ゴミ」
アメリカ:trash,garbage
イギリス:rubbish

「地下鉄」
アメリカ:subway
イギリス:underground,tube
※イギリス英語でsubwayは「地下通路」

「消しゴム」
アメリカ:eraser
イギリス:rubber

全く異なっていますよね!

発音の違い

同じスペルを書くのに、違う発音の単語を紹介します。
TOEICのリスニングパートで惑わされるポイントでもありますので、受験を考えている方は頭の片隅に入れておくといいかもしれません!

vase「花瓶」
アメリカ:véis, véiz(ヴェイズ)
イギリス:vɑ'ːz(ヴァーズ)

schedule「スケジュール」
アメリカ:skédʒuːl(スケェジュール)
イギリス:ʃédjuːl(シェジュール)

garage「(自動車・車の)ガレージ・車庫」
アメリカ:gərάːʒ(ギャラージ)
イギリス:gˈærɑːʒ(ガラジ)

多くの違いは語尾で発生することが多いようです。
また、つづりが部分的に変わるパターン、前後の並び順が逆転するパターン、特定の母音や文字が含まれたり省かれたりするパターンなどがあります。

他にもいろんな単語・発音の違いがあります。
気になった方は、講師に尋ねてみてくださいね!
次回は、文法の違いを紹介します。