海外の面白い切符を見てみよう!

こんにちは!渋谷校のMikiです。
今日は海外の電車に乗る際に絶対に手にする切符の中でも、面白いものを集めてみました!

1回利用もカードで!

日本ではICカードが普及しており、みなさんもSuicaやPASMOでピッと改札を通っているのではないでしょうか。
しかし切符を買うとなると紙の切符が出てきますよね。
海外ではその1回利用の切符も紙ではなくカードで出てくる国があります。

この写真はシンガポールのスタンダードチケット(一回券)です。
タイのバンコクでもカード式のチケットが出てきますが、改札を出る際には日本の切符と同じように回収されてしまいます。しかしこちらはICカードタイプになっているので改札を出た後に自動券売機に入れるとデポジット分が戻ってきます。
ただ毎回デポジットの返金もめんどくさいからか、この制度は今はなくなっており、最大6回乗車できるタイプになっているようです。

まるでおもちゃみたいな切符!

こちらはマレーシアの電車に乗る際のトークンと呼ばれる切符になります。
プラスチック製なので本当におもちゃのコインのようにも見えますが、改札を通るとき乗る場合はこのトークンをカードのようにかざして入場し、出る場合は改札に投入します。

紙…じゃない!?

こちらはシンガポールのセントーサ島に向かう際に乗るセントーサエクスプレスというモノレールに乗る際のチケットです。
大きさ的にはICカードと変わらないのですが紙製でいざ改札を通ろうとすると投入口が見当たりません。よーく触ってみると何かが入っていてカードと同じようにタッチ式で入場します。入島料も含めたチケット代になっているので下車する際には改札がなく島内の駅は乗り放題になっています。

みなさんもぜひ旅行先で電車やバスで移動してみてくださいね!

海外の面白い切符を見てみよう!