映画を見て英語を馴染めよう!

映画を見て英語を馴染めよう!

Hi, my name is Jeremy and today I’m going to talk about movies. I had the pleasure of watching the new sci-fi film “Arrival” last week and I would like to share my review with you!

初めましてジェレミーです!今日はArrivalっていう新しいSFの映画の批評を書きます。今回は少し、かっこよく批評してみます。
以下どうぞ!(ちなみにネタバレしないよ!)

Story/Plot 説明

Without spoilers, “Arrival” is a modern sci-fi that explores difficulties built upon language barriers and cultural differences. The film begins with the arrival of multiple space crafts across the globe. As countries panic to decide whether the Aliens are a hostile species or not, an American special forces team hires expert linguist Louise Banks to develop ways of communicating with the visitors.

新しいSF映画、「Arrival」は言語上の障壁と文化の違いを探しながら、宇宙人侵略に立ち向かう映画です。 スピード感を溢れるアクションとストーリーに、誰もが引き込まれること間違いなし。
「Arrival」はUFOの到着ではじまる。しかし、宇宙人とコミュニケーション取ることができず、人間は宇宙人から敵意を感じ、世界は恐慌を起こしていく。これをきっかけに「Louise Banks」という言語学者の専門家が、アメリカ軍隊に雇われることとなる。彼は宇宙人と話せるよう、自身の知識を活かして宇宙人の言葉を通訳していく。

Current Affairs/Real World Problems 時事

“Arrival” may seem shallow on its surface but as the plot thickens, it begins to contemplate the current state of the real world. As the world we live in hangs on the brink of war, so does the world that “Arrival” presents to us. The three superpower countries focused upon in the film (China, America, and Russia) argue and disagree on how they should contact the mysterious space crafts. These arguments are not only built by cultural and political differences, but also the ability to communicate with the alien threat. Our world too struggles from political and cultural differences, more now than before. I thought this was the films strongest point as it acts as a well thought out commentary on modern society.

一見すると、「Arrival」はただのSFみたいに感じるかもしれないが、展開すると現代の世界問題に通じるものがある。最近のニュースを見ると、世界で戦争が起こってもおかしくないと思うことがあるだろう。実はこの映画で、どのように未確認飛行物体と意思疎通を図っていくか論争している、強い力を持っている国、アメリカ、ロシア、中国の姿が描かれている。各国それぞれの宇宙人に対しての、アプローチの考えが異なり、戦争にまで発展しそうになるのだ。この映画のテーマは、現代の言語上の障壁や異なる政治観について着目したものだと思われる。

Production and Final review 撮影・プロダクション・レビュー

“Arrival” was directed by Denis Villeneuve (Incendies, Prisoners, Blade Runner 2049). Denis’ direction captures the dramatic sequences and intense moments wonderfully. The cinematography is stunning; showing the beautiful landscapes of Canada’s rural countryside where it was shot. I wasn’t particularly impressed with the acting and the end of the film left me far from satisfied. Overall, I would recommend the film to anyone who enjoys a good sci-fi that requires a little brain work. 3 stars out of 5.

才能溢れるDenis Villeneuve監督は、近年様々な感動する映画を製作している。「Incendies・Prisoners・Blade Runner 2049」などである。彼の映画のスタイルはこれらの代表作品から、うかがうことができる。
今回の映画の撮影も、非常に美しく、カナダの田舎で撮られたものだ。
ここまで多くのことを熱く語ってきたが、今回の映画「Arrival」のエンディングは面白くなかったというのが正直な感想ではある。満点で★5つなら、★3つくらい。