渋谷校の講師、Faye先生を紹介

渋谷校の講師、Faye先生を紹介

こんにちは!リンゲージ渋谷校のAyakaです。
本日はクールビューティな、Faye先生をご紹介します:)

英語の好きな言葉は「ethereal」と「squidgy」の2つ!

*「ethereal」“空気のような、極軽い、宇宙人みたいな“といった意味があるの。
Fayeからすると、“くらげ”が「ethereal」のイメージにぴったり!

*「squidgy」 “やわらかい(少ししっとりしている)ものに使う擬音語” 
豆腐とか「squidgy」ね!
両方の単語とも、発音した時の音も好きかな!

プロフィール

*名前は? Faye “フェイ”
*出身は? Essex in the South-East of England “イングランドの南東に位置するエセックス”
*趣味は?Going to Art Galleries, going to gigs, Traveling, ceramics, photography, running(Jogging) 
“美術館に行くこと、ライブに行くこと、旅行、陶芸、写真、ジョギング”

好きな日本語は?

「わびさび」「一期一会」「もったいない」の3つ!

「わびさび」 いい意味があるから好き。谷崎 潤一郎の書籍も読んだから余計に好き!
「一期一会」 いい意味だし、旅行に行くのも好きだから、そこでの出会いにも関係して、好きなの!
「もったいない」 これもいい意味!現代において、この言葉は本当に大切だと思うから。

これらの3つの日本語は、日本ならではの考え方がつまった日本語だから、すごく外国の人からすると面白いと感じるんだと思うわ!

Fayeは「ceramic」 ”陶芸” が好き!

以前、アメリカのアリゾナに1年間留学したことがあるの。そこでは、陶芸を習いに行ったの。(アリゾナでは、サボテンばかりで、暑くて1年はちょっと長かったかな…なんて感じたけど、とても面白い経験をしたと感じたわ。)
その経験をきっかけに陶芸に興味をもったから、イギリスでも陶芸・彫刻を大学で学び続けたの。それからは、ビジネスマンのGnome “ノーム”(イギリスでは庭にある一般的な妖精の置物)を作ったり、イギリスでは伝統的なtea set(柄は現代美術的に違うしてみたけどね)を作ったりしたの。
あ、そうそう…最近は、clay “粘土”でデコレーションだるま(デコだるま)とか作り始めたの。なんか、細かい作業なんだけど、ちょっとほっこりしたりもするのよね。
デコだるまを作り終えたら…招き猫のも作ってみたいと思っているわ。

Linguageの魅力を教えて下さい!

快適で、緊張感を感じないリラックスした気分で通うことのできるスクール。
スクールの近くにはカフェもあるし、駅から近くてとても便利ね。
スタッフも、私を含めて講師はみんなとてもフレンドリーで、丁寧よ!

英語を習いたいと思っている人へメッセージをどうぞ!

Welcome to Linguage! Let's have fun learning English together♪
I look forward to meeting you and chatting to you after class. Feel free to ask me anything about the U.K and British culture!

ようこそ、リンゲージへ!一緒に楽しく英語を学びましょ♪
皆さんに会えるのを楽しみにしているわ。そして、授業後のおしゃべりも。
U.Kの事でも、イギリス文化についてでも、気軽に聞いてね!