海外の見晴らしのいい丘ベスト3

こんにちは。渋谷校のMikiです。
今日は私が実際に行った見晴らしのいい丘をランキング方式で紹介します!

第1位 オーストラリア「キングスパーク」

西オーストラリア州の州都であるパースにあるキングスパークという公園は、小高い丘のようになっていてパースの街並みとスワンリバーが一望できます。
公園内は自由に使えるBBQ台があり週末は大賑わい!
噴水があったり、広い芝生でゴロゴロしたりなんでも使える公園で、シティから出ている無料循環バスで10分もあれば着くので、地元の方だけでなく観光客も多いです。

ちなみにこちらは6年ほど前に私が撮った写真ですが、その頃パースは都市開発真っ最中で街の中いたるところで工事が行われていました。
写真でもビルが建設中なのわかりますか?

第2位 ニュージーランド「ワンツリーヒル」

ニュージーランドと言えばやっぱり羊!
“オークランド” “羊”と検索して行ってみたのがこのワンツリーヒルでした。
街の中心部からはバスで行けるのですが、バスの運転手に「ワンツリーヒルに着いたら教えて」と言ったのにいつの間にか通り過ぎていたようで、かなり歩いて丘まで行きました。
とても疲れましたがこの羊の数!

まさに私が想像していたニュージーランド!
丘の頂上には白い塔がありそこからの見晴らしがいいみたいですが、歩き疲れて丘の上まで登らなかったのでぜひリベンジしてみたいです!

第3位 ラオス「プーシーの丘」

町全体が世界遺産に登録されているラオス・ルアンパバーンにあるプーシーの丘です。
ルアンパバーンにはお寺が多く、托鉢を見ることができ、朝市も開かれるため朝早くからにぎわっている街です。
私も托鉢を見た後に朝もやが残る丘の急な階段を登って行ってみました!
さ!見てください!このカフェオレのような川!

これがメコン川です!!!
丁度雨季の時期に行ったので前日の雨で川が見事に濁ってしまっていました。
川の反対には町が広がっていてたくさんの寺院が点在しているのを丘の上からバッチリ眺めることができましたよ。

皆さんも海外に行った際は眺めの良い場所で癒されてくださいね!

海外の見晴らしのいい丘ベスト3