意外に知らない英語のフレーズ

こんにちは!渋谷校のAyaです!
今日は意外に知らないフレーズについて紹介したいと思います!

Kill time

Let’s kill some time at the café.

さて、これは何という意味でしょう?
正解は「カフェでしばらく時間つぶそうか」です!
ここでのkillは「つぶす」という意味で、kill timeで時間をつぶすという表現になります。
みなさん日本語でもよく使う表現ですよね!

また、「暇な時間がある」と言いたいときは、time to killを使いましょう。

Would you like to go to a café?
カフェ行かない?
I have time to kill.
暇なんだよね。

I can’t be bothered

ネイティブの間ですごくよく使われるフレーズです。 Botherという単語は、「~の邪魔をする」という意味があり、Can’t be botheredで、「めんどくさい」「わざわざしたくない」という表現になります。

I can’t be bothered to go out tonight.
今日出かけるのはめんどうくさいな。

no doubt

Doubtとは疑いという意味なので、noをつけることで「間違いない」「その通りだ」という意味になります。

She will come to the party tonight, no doubt.
彼女は今夜絶対にパーティーに来るよ!

反対に「それは間違いだよ」と表したいときは、I doubt itという表現を使います。

意外に知らない英語のフレーズ