知ってて便利な英語の慣用句

こんにちは。渋谷校のMikiです。
今日は英語の慣用句を紹介したいと思います!

今すぐ使ってみたい慣用句

It’s up to you. 「あなた次第」「あなたが決めていいよ」
夜ごはん何食べる?今から何の映画見に行く?などなどよくあるこの質問。
そんな時に使えるこの表現。覚えておいて損はないですよ!
また“depend on”も似たような意味を持っていますが、It’s depends on the weather. のように人ではない物や状態に対して使うのが一般的なようです。

I can’t wait(to~). 「(~するのが)楽しみ」
入試などで“I’m looking forward to (~ing)”出てきたの覚えてませんか?
to の後ろにing系がくるアレです!
同じ様に楽しみな事を表現する言葉で”can’t wait”を用いることができます。
また“I just can’t wait!”のように”just”をつけることで、強調し「本当に待ちきれない」という気持ちを表すことができます。

意思疎通ができなかったときに使える慣用句

Do you see what I mean? 「私が言ってる意味わかる?」
会話の中で相槌やわかったという意思表示として使う“I see.”
自分が英語で話していて、ちゃんと意味伝わってるかな?と心配になったとき、使ってみてください。

Forget it.Never mind. 「なんでもないから忘れて」
何かを説明しようとしていろいろ説明するけど相手が理解してくれない。
なんか話すのが面倒になったときなどに、もういいよ、何でもないから。」と、日本語でもよく使いませんか?
英語だとこんな表現になります。

I told you! 「だから言ったじゃん!」
誰がに対しアドバイスや忠告をしたにもかかわらずミスをしてしまった。
そんな時に使える表現。感情を込めて言ってみましょう!

So what. 「だからそれがどうしたの」
声のトーンによっていろんなシーンで使える言葉ですね。
怒ったようなトーンで「だから何がいいたいの?」
励ますようなトーンで「それがどうしたの?気にするな!」
しらけたトーンで「で?話のオチは?」のように使い分けができますよね。

みなさんも今日紹介した慣用句をぜひ使ってみてくださいね!

知ってて便利な英語の慣用句