英語の発音を早口言葉で楽しく練習!

こんにちは!渋谷校のAyakaです。本日は、発音上達の楽しい練習方法をご紹介します。

よく言われる日本語英語。そのうちの一つには、発音問題があると思います。
もっとナチュラルな発音を目指したい!そんな方にちょっとした楽しい発音練習法をご紹介します。
そして、実は発音ができるようになるとリスニング力UPにもつながります!
(というのも、自分で発音でない音は聞き取れないと考えられている学説が有力説とされているんです!)

王道の早口言葉3選!まずは1つ目は“RとL”

まずは、一番苦手とされるRとLの発音から!
「Red lorry, yellow lorry」
(赤いトロッコ、黄色いトロッコ)
…3回難なく言えたでしょうか?
舌の運動になりますよね(笑)
「R」は、舌を後ろに巻きますが、どこにも舌はつかない状態です。
「L」は上の歯の裏に舌先をつけるような感じで発音するとうまくいきます。

王道の早口言葉3選!2つ目は“SとSH”

そして第二ラウンドは、よく頻繁に使うことがある“SとSH”の早口言葉です。
こちらも1つ目にひきつづきよく耳にする早口言葉です!
「She sells sea shells by the seashore」
(彼女は海岸で、貝殻を売っています)
…こちらは、SとSHの発音の練習になります!
実は「Sh」は口をすぼめた形にして、発音する日本語の「シ」の発音に近いです!
「S」の場合、口は真横に開く形になり「シィ」のように、小さい「ィ」がつくようなイメージです。

王道の早口言葉3選!いよいよ最後となりました、最後は“W”です

意外と“W”の発音もできていないことが多い!ということで、“W”の早口言葉、最終ラウンドいってみましょう!
「How much wood would a wood-chuck chuck, if a wood-chuck could chuck wood?」
(ウッドチャックが木を放り投げられるとしたら何本の木を投げることができるだろう?)
※wood-chuck=ビーバー chuck=ぽいっと放り投げる
…いかがでしたでしょうか?
これは難易度高めでした!
“W”の発音は、唇をしっかりとすぼめて、「ゥワ」と発音するとかなり自然な発音に近くなりますよ。

英語の発音を早口言葉で楽しく練習!