英語が必要な仕事ってどんな仕事?

こんにちは!リンゲージ丸の内校のMikaです♪
今日は「英語が必要な仕事」について紹介します。

英語の仕事。必要なレベルは?

近年の国際化や、2020年のオリンピックに向け、日常英会話が出来ることを条件とした求人がふえています!
また、英語力があると有利な条件で仕事に就ける可能性もさらに高くなっていくでしょう。

では、どんな仕事に英語が必要なのか?
その仕事をするにはどの位の英語力が必要なのでしょうか?
レベルごとに見ていきましょう(^^)

【日常会話~生活圏レベル TOEIC目安~600点】
◯ツアープランナー
◯日本語教師
◯貿易事務
◯英文経理
◯イベントプランナー

【ビジネス~専門レベル TOEIC600~900】
◯留学カウンセラー
◯米国公認会計士
◯英語教師
◯国際会議コーディネーター
◯入国審査官

【ネイティブレベル TOEIC900点~】
◯通訳
◯全国通訳案内士
◯外交官
◯国際公務員
◯国際弁護士

英会話リンゲージで身につく英語力!

リンゲージでは、FD~Level8まで9つのレベルに分かれて一人一人のレベルに合ったレッスンを受けることができます。
仕事で英語を使う為にはどのレベルの英語力が必要か、ぜひ参考にしてみて下さい(^^♪

【FD・Level1~Level3→日常会話~生活圏レベル】
自分のことについて英語で詳しく話すことが出来る。
外国人との世間話では、一般的な社会問題について話すことが出来る。
オフィスでは仕事を依頼することが出来るようになる。

【Level4~Level6→ビジネス~専門レベル】
パンフレットや新聞記事で読んだことを他者に伝えることができる。
日常生活で使われる語彙が増加し、ネイティブとのフリートークを充実させることが出来る。自分の意見が伝えられるようになる。

【Level7~Level8→ネイティブレベル】
英語らしいナチュラルな表現で使えるものが増え、ネイティブらしい表現が使える様になる。
ディスカッションなどでより効率的に意見が言えるようになり、討論の場でもネイティブと対等に意見を述べることが出来るようになる。

ビジネスで使える自然な英語を学ぶ!

リンゲージで使用しているオリジナルテキスト「Direct English」は、ホテルや弁護士事務所を舞台にした内容となっているので、日常生活や海外旅行ではもちろん、同僚や上司との会話、面接など、ビジネスシーンで使える自然な表現が満載です!

DVDやCDを使って楽しく、効率よく英語を学ぶことが出来ます♪
英会話リンゲージで、お仕事にも生かせる英語を身に付けませんか^^?
最後までお読みくださり、ありがとうございました!

★英会話スクールってどんな感じ?気になる方はぜひ、リンゲージの無料体験レッスンをお試しください!★

英語が必要な仕事ってどんな仕事?
※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。
PAGE TOP