英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ丸の内校 丸の内校ブログ若き天才監督が描く、人間が限界に挑戦する姿

若き天才監督が描く、人間が限界に挑戦する姿

こんにちは。丸ノ内校の千葉です。

本日は映画『セッション』(原題:Whiplash)のご紹介させていただきます。
第87回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、3部門を受賞しました。

Whiplash(ウィップラッシュ)とは!?

原題と邦題はかなり違いますが、Whiplash(ウィップラッシュ)とは

ウィップ=ムチ
ラッシュ=激しく叩く
ウィップラッシュ=鞭打ち

という意味です。

28歳の監督が描く人間の野望と限界

「La La Land」の脚本・監督を務めたデミアン・チャゼルが描くジャズ音楽の映画です。

人間が野望と限界に挑戦している姿に刺激を受けます。

超スパルタ先生役、J・Kシモンズは、La La Landのバーのオーナーをしていたり、スパイダーマンシリーズで新聞社の編集長役の方です。

彼がドラマーを目指している青年を熱血指導するところが、この映画最大の見所です。

凡人がドラマーを目指すには、手の皮が全部向けるまで練習しないとダメ(それだけしてもダメな時もある)という意味なのかと、個人的に思いました。

もがくことの辛さ、必死に頑張ることの大切さ

この2つをセッションから学んだと思います。

凡人の青年は、必死に努力してオーケストラに入れてもらったものの、急に後から来た人に席を奪われてしまいます。実力社会なんですね…。

やっとコンサートに出られると思ったら、あることに巻き込まれてしまい、時間に間に合わなくなってしまいます。さて、彼は出ることが出来たのでしょうか…!

若き天才監督が描く、人間が限界に挑戦する姿