洋楽を聞いて英語を勉強しよう!

洋楽を聞いて英語を勉強しよう!

こんにちは。丸の内校のkanamiです:)
今回は洋楽を使った英語の勉強の方法とそのメリットについてお話したいと思います!
音楽を聴きながら楽しく勉強をしちゃいましょう!

勉強のプロセス

☆STEP1☆
まずは聞いてみる!とりあえず聞いてみる!
この時は日本語に訳さなくていいのでしっかり集中しましょう。

☆STEP2☆
歌詞を見ながら聞いてみる!
この時わからない単語があれば調べましょう!
また、洋楽は省略が多く文の構造を捉えることが難しいことがあります。
そんな時は和訳を見て文の構造を理解しましょう。

☆STEP3☆
歌ってみましょう!
覚えた英語を自分のものにする為にはアウトプットが大切です。
歌詞を見ながら歌ってみて、耳で聞いた発音通りに発音できているかチェックしてみましょう。

洋楽を聴くメリット

1.英語のリズムに慣れる
英語を話すうえで英語の特有のリズムを掴むことは大切です。
音の高低、強弱があり、言葉自体が音楽のように表情豊かなのです!
しかしリズム感が少ない日本語に慣れている日本人にはここが難しい…(‘_’)

2.決まった言い回しや、よく使われるフレーズを覚えられる
日常会話で使えるようなよりナチュラルなフレーズを学べます。
気に入ったフレーズを見つけたら、メモしておくとさらに良いでしょう!

3.楽しく反復学習ができる
『継続は力なり』と言われますが、楽しくなければ継続は難しいです。
洋楽を聴いて楽しみながら英語を身につけられるなんて一石二鳥ですね(^^♪

おススメの洋楽

1.“Top of the world“ The Carpenters
日本でも英語教材として使われている曲。
比較的スローな曲のテンポと適度な歌詞の難易度であるため、洋楽に触れ始めたばかりの方にはおススメです!

2.“Don’t stop believin” Glee Cast
かの有名なアメリカのミュージカルドラマ「グリー」の曲の一つ。
この曲のいいところは男性、女性、様々な人種の人の発音に慣れることができる点です。

3.“Let it go” Idina Menzel
大ヒット映画「アナと雪の女王」の主題歌。
ディズニーの曲全般に言える事ですが、常に英語は聞き取りやすく、子供が聞いてもOKなように作られているので、覚えてはいけない単語は一つもありません!