相槌ってどうやって打てばいいの?

相槌ってどうやって打てばいいの?

こんにちは。丸の内校の千葉です。
レッスン中の相槌を「あ~!」や頷くだけで終わっていませんか?
実は、相槌も英語を話すチャンスなのです!
そこで、そんな時に使えそうな相槌をご紹介いたします。

肯定的な相槌

質問をしてわかった時…
I see.
→なるほど。

I get it. /Got it.
→分かった。

その通りだと思った時…
I think so too.
→私もそう思います。

Exactly.
→まさにその通り。

You’re right.
→あなたは正しい。

That’s what I wanted to say.
→それが言いたかったんだよ!

相手の発言がいいなと思った時…
That’s great.
→それはすごいね。

Sounds nice.
→それいいね。

Amazing.
→素晴らしい。

Good for you.
→よかったね。

自信がない時の返答

まあそんな感じかな~と思った時は…
Probably.
→たぶんね。
※probably(80~90%)高確率で

Maybe. / Could be.
→そうかもね。
※maybe(30~50%)おそらく

I guess so.
→そうみたいね。

Fair enough.
→まあそうだね。
※留学先でディスカッションをした際に、よく聞きました。
「妥当」というニュアンスに近いのではないかと思います。

驚いた時は何て言えばいいの?

Really? / Seriously?
→本当に?

Oh my god. / Goodness.
→マジで。
※先生がよく言ってますよね(笑)

No way.
→うそでしょ!?

I can’t believe it!
→信じられない!

他にも気になる表現があったら、ぜひ調べてみてください!
きっとレッスンに役立ちますよ!