英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ丸の内校 丸の内校ブログ「なんて言ったの?」を解決!便利なフレーズご紹介(^^)/

「なんて言ったの?」を解決!便利なフレーズご紹介(^^)/

「なんて言ったの?」を解決!便利なフレーズご紹介(^^)/

こんにちは。丸の内校の荒木です(^^♪
今日は、レッスン中やフリートークはもちろん、海外旅行でもお使いいただける「聞き返すときのフレーズ」をご紹介します!

聞き取れなかったときは焦らずに!!

相手が言ったことを聞き取れないとき、ありますよね(*_*;
そんな時は焦らずに、何を聞かれたかを聞き返すことが大切です(^^)/

聞き返しの言葉といえば“Pardon?”を思い出しますよね?
学校でも習う単語で、知っている方もたくさんいらっしゃると思います。
ですが実際のところ、私は海外でこの単語が使われているところをあまり見たことがありません( ゚Д ゚)!

“Pardon”の語源はラテン語で、par「徹底的に」don「与える」という意味から、「許し」「寛容」という意味が出来上がりました( ..)φ
なので、かつては相手に失礼なことをしてしまった時にお詫びをする言葉として使われていました。
それが聞き返しの言葉へと派生したわけですが、とても上品な言葉になるので、家族や友人との日常会話で使うのは少し丁寧すぎるということから、あまり使われなくなっているのです。

もっと自然に聞き返すフレーズは??

ここで、もっとカジュアルに聞き返せるフレーズをいくつかご紹介したいと思います(^^♪

まずは、“Excuse me?”です!こちらは多くの場面で使うことができる便利な言葉です!(^^)!
例えばレストランでウエイターに何か言われて分からなかったときも、これを言えば必ず繰り返してくれますよ!
ですが、あまり語尾などを強めて言ってしまうと、「なんだって?」というニュアンスにもなってしまうので、気をつけましょう(*_*;

家族や友人など、もっと親しい関係の相手に使えるフレーズには、“Sorry?”、“What?”などがあります(^^)/
こちらはかなりカジュアルな言い方になるので、誰にでも使えるわけではありませんが、とても簡潔に聞き返すことができるのでお勧めです!

丁寧に聞きたい場合は??

ビジネスの場や、もっと丁寧に言いたいときは、もう少し長めの文で聞き返してみましょう!
例えば、“Could you repeat that for me?”があります!
これは「繰り返してもらってもいいですか?」という意味になり、相手に直接、繰り返してほしいということが伝わります!(^^)!
他にも、“I’m sorry, I couldn’t catch that.”は、「すみません、聞き取れませんでした」という意味になり、こちらも同様、丁寧な場面でお使いいただけます!

聞き取れなかった事をうやむやにしてしまうと、後から大きな誤解を招いてしまうこともあります!
なるべく分からなかったことは聞き返していくようにしましょう!