おすすめ!海外アクション映画3選

こんにちは!丸の内校の荒木です。
今日は、映画好きな私がお勧めしたいアクション映画を3つ、ご紹介したいと思います!(^^)!

スマートさがNo,1!!「エンド・オブ・ホワイトハウス」

2013年公開の「エンド・オブ・ホワイトハウス」(洋題:Olympus Has Fallen)と、2016年公開の第二作「エンド・オブ・キングダム」(洋題:London Has Fallen)は、主演ジェラルド・バトラーのアクションがとにかくかっこいい!!!
元シークレット・サービスのマイク(ジェラルド・バトラー)が、アメリカ大統領を守るために多くの敵を倒していくというストーリー(*’▽’)

1作目の舞台はホワイトハウス、2作目はロンドンが舞台になっています。
たった1人で大勢の敵を倒し、どんな窮地でも常に余裕な態度で敵を挑発し続けるマイクは見ていて惚れ惚れしてしまいます( *´艸`)
作中にマイクが敵に向かって使う英語のスラングにも注目です!

原作とは大違いだけど面白い!「ヘンゼルとグレーテル」

誰もが知っている童話「ヘンゼルとグレーテル」。映画のストーリーもそのままかと思いきや、オリジナル性が満載です!
両親に捨てられ、お菓子の家の魔女を倒した兄妹は、有名な魔女ハンターに成長し世界中を旅してまわります。その旅の途中で行き着いたとある村で、2人は子供達を誘拐している魔女退治を依頼され、強大な力を持つ魔女に挑むことになります。

主演は、「アベンジャーズ」でお馴染みのジェレミー・レナーと、「007 慰めの報酬」でボンドガールを演じたジェマ・アータートンの2人(^^)/
素早く動き、魔女達を退治するために武器を駆使して戦う姿は、とても爽快感があります!力技だけでなく、頭を使って次々と魔女を退治していくので、あっという間に映画が終わってしまいます( ゚Д゚)

やっぱりお父さんは世界一!「96時間」シリーズ

いわずと知れた、リーアム・ニーソン主演の「96時間」「96時間 リベンジ」「96時間 レクイエム」(洋題:Taken)三部作!!
王道ではありますが、アクションを見るなら、やっぱり欠かせないシリーズです!

作品を重ねるごとに、年齢も重ねているはずのリーアムのアクションの迫力は上がっていき、毎回驚かされます(*_*)
リーアムが演じるブライアンは元CIA工作員という設定なので、練りあがった作戦と容赦のない攻撃が、見ていて引き込まれます(*’▽’)
また96時間シリーズはアクションだけでなく、作を重ねるごとに深まる家族愛も見どころです!(^^)!

以上3シリーズ!!ぜひ、観てみてくださいね(^^♪
※アクションシーンには、出血シーンや少し残酷なシーンが含まれますので苦手な方はご注意ください※

おすすめ!海外アクション映画3選