新宿本校に統合いたしました。

オンライン英会話も選べる!

英会話上達のコツ!教えちゃいます☆

みなさん、こんにちは!
英会話スクールリンゲージ池袋校日本人講師のRioです!
日本人で講師をしていると、
「どうやったら英会話ができるようになりますか?」
と質問されることが多いので、
英会話をさらに上達させたいそこのアナタ!のために、
今日は英会話の上達のコツをお伝えしようと思います☆

英会話の要素は大きく分けて、
1. リスニング
2. ボキャブラリー
3. スピーキング

に分かれているのですが、それぞれについて、
一つずつ“Tips”をお教えします★

リスニングは「わからないもの」ではなく「わかるもの」に意識を向ける

これはどの外国語の勉強にも共通していると思うのですが、
外国語のリスニングをするときは、頭の“スイッチ”を切り替えましょう!

普段、私たちが日本語で会話をしているとき、
私たちの頭は無意識に、「わからない」単語に注意して聞いています。
なぜなら、会話の大部分は理解できるので、
たまに現れる「わからない」単語に敏感に反応するからです。

よほどの上級者でない限り、外国語で会話をすると、
毎回のように、聞いたことのない表現や、
知らない単語をいくつも耳にすることになります。
そんな時、“日本語脳”のままだと、
わからない単語や表現ばかりに意識が向いてしまい、
「この人が言っていること(の全て)がわからない」
となりがちです。

実は、それはすごくもったいないです。
なぜなら、聞き取れているはずの単語をスルーしてしまうからです。
外国語を勉強する時、一つのアドバイスとして、

「わからない」部分より「わかる」部分に意識を向ける!

というのがあります。

つまり、少しでも聞き取れた単語から
相手が何を言おうとしているかを、
頭のなかで一生懸命推測するのです。
たとえば、”I” “movie” “friends”という単語が聞こえたら、
「友達と映画みたってことかな?」などと推測するのです。
知らない単語が出てきたときも同様に、
分かっている情報からその意味を推測します。

特にネイティブの人と会話をしているときは、
話すスピードがとても速いですし、
人によって話し方や使う表現が異なるので、実をいうと、私でも全部を完璧に聞き取れないことがあります。
こま切れでも構わないので、
少しでも聞き取れた情報を頼りに内容を推測しましょう!

この“Tips”は言われてみれば当たり前かもしれませんが、
少し意識するだけでも聞こえが格段に変わってくると思うので、
ぜひ試してみてくださいね(^^♪

単語を覚える時は発音も一緒に

さて、上記でお伝えしたリスニングの“推測の精度”を上げるために最も重要なのがボキャブラリーです。
言うまでもなく、聞き取ることができる単語が増えれば増えるほど、
相手が言おうとしていることを正確に理解できるようになります。

単語を覚えるときに重要なのが、必ず発音も一緒に覚えることです。
単語帳などを使って単語を覚えていると、
ついつい発音をチェックするのを忘れてしまいがちですが、
単語を覚える時は必ず発音も一緒に覚えるようにしましょう!
発音はインターネット上の英語辞典で簡単に検索できます♪

せっかく単語を覚えても、発音が分からなければ、
聞き取ることもできませんし、英会話で単語を使うこともできません。
なので、文字だけで覚えるのはとてももったいないです!
一回一回確認するのは少し面倒かもしれませんが、
文字より音で覚えた方がよく定着しますので、
少しずつ覚えていきましょう(^^♪

スピーキングは丸ごと覚える!

最後はスピーキングについてです。
スピーキングのコツは、
話そうとする表現をまるごと暗記する
ことです。

例えば、
「知らなかった!」=”I didn’t know that!”
「どう思う?」=“What do you think?”
「~するはずだった」=“I was supposed to ~”
のように、
自分が頻繁に使いそうな表現を丸ごと覚えるのです。
日本語で考えなくても自然と英語が出てくるくらい、
完璧に暗記することが大事です。

完璧に覚えれば、
英語を話していてその表現を使わなければならない場面になったとき、
頭で考えなくても反射的に英語が出てくるようになります。
表現のストックが増えるほど、返答の速度があがり、
会話のキャッチボールがスムーズになります。

表現のストックを増やす方法は、
リンゲージのテキストや、
英語の映画やドラマを見ている際に、
「この表現自分が良く言いそうだな!」とか
「この表現使えそうだな!」
というフレーズがあれば、文章ごとメモをして、
そのまま覚えてしまえばよいのです。

一日一個や、一週間に一つなどでも構わないので、
使える表現のストックを少しでも増やしていくことが大切です。
ストックが増えるほど、話せる話題の幅を広げることができます。

いかがでしたか?
これをやれば急激に上達する!というような速攻法というよりは、
リスニング、ボキャブラリー、スピーキングのどれをとっても、
とても基本的で、当たり前の事ばかりをお伝えしてしまったかもしれません。

しかし、日本で外国語を学習する場合は、
特に基本的な努力の積み重ねが、
上達の一番の近道なのではないかと思います。

この記事が少しでも皆様の英会話の上達のお役に立てば幸いです。

以上、Rioでした♪

英会話上達のコツ!教えちゃいます☆

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験