この日本語、英語に訳せますか?

みなさん、こんにちは!
英会話教室リンゲージ池袋校のYuriです。

突然ですが、ふと、「この日本語って英語でどう訳すんだろう…。」と思う時ありませんか?
私も海外の方とメールでやりとりをしている時や会話している時など、
英語でどう言えばいいのか分からない表現がときどき出てきます。
そこで、今回は英語で訳せない日本語表現をご紹介します★

「いただきます」「ごちそうさまでした」

日本では食事の前に「いただきます」
食事が終わった後に「ごちそうさまでした」といいますが、
欧米圏の国々ではこれらに当たる言葉がありません。

もし食事前に何か言いたいときは、

“This food looks delicious.” (美味しそうな食事ですね。)
“Let’s eat!” (さあ、食べよう。)

などということができます。

また、食後に「ごちそうさま」の代わりとして何か言いたいときは、

“Thank you for this delicious meal.” (美味しい食事を作ってくれてありがとう。)
“It was so delicious.” (とってもおいしかったです。)
“I’m full.” (お腹いっぱいです。)

などということもできますよ♪

いただきます、ごちそうさまが当たり前の日本人にとっては何か物足りない気がしますが、
食事の前後はこれらのフレーズを使ってみてください!

「お疲れ様です」

日常的によく口にする言葉である「お疲れ様です」という言葉ですが、
意味としては労いの意味合いが強い場合もあれば、
ただの挨拶としての意味合いが強い場合もあります。

英語には「お疲れ様です」を直接的に表現できる言葉がないため、
どんな意味で「お疲れ様です」を使うのかによってフレーズが異なります。

労いの意味では使う場合は、

「よくやった!」という意味の、

“Good job.”
“Well done.”

を使うことが多く、挨拶として使いたい場合は、

“Have a good day.” (よい一日を。)
“Thank you for everything today.” (今日もありがとう。)
“See you tomorrow!” (また明日。)

などがいいかもしれません。

「つまらないものですが」

誰かにプレセントや贈り物をしたいとき、
日本では「つまらないものですが、どうぞ」などと言ったりしますよね。
でも英語にはこのような日本語特有のへりくだった表現は存在しません。
しかし、「つまらないものですが」の代わりとして何か伝えたいときは、

“I’m glad you like it.” (気に入ってくれたらうれしいな。)
“I hope you like it.”( 気に入ってくれるといいんだけど。)

意味は異なりますが、上記のような「喜んでもらえたらうれしいです」という
ニュアンスの言葉を使えば違和感なく相手にも通じるはずです。

なんて言えばいいかわからない日本語って意外とたくさんありますね(>_<)
そういう時は焦らずニュアンスや意味が似ている英語のフレーズを探してみましょう♪

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

この日本語、英語に訳せますか?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験