英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ TOEICリスニング対策!色んなイントネーションに慣れよう!

TOEICリスニング対策!色んなイントネーションに慣れよう!

みなさん、こんにちは!
英会話教室リンゲージ池袋校のAkaneです♪

TOEICを今まで受けた事がある人は、
リスニング問題の時、こんな経験があるかもしれません。

「さっきの問題は全部はっきり聞き取れたのに、今の問題は全くわからなかった?」

もしかすると、その要因の一つは、
「あなたが苦手なイントネーションを持つ話し手だったから」ではないでしょうか??

苦手なイントネーションとは?

TOEICのリスニングテストでは、
アメリカ人、イギリス人、オーストラリア人、カナダ人の音声を
バランスよく使用しています。
それぞれの国で、大きく発音やイントネーションが異なるので、
公平性を保つためこの様にしているそうです。

日本人が比較的得意なのは、「アメリカ英語」です。
理由は、日本の英語教育では「アメリカ英語」を基準に作られているからです。
続いて、世界一発音がきれいだと言われている、「カナダ英語」も、
アメリカ英語に少し似ているので比較的聞きやすい英語です。

私見ではありますが、「オーストラリア英語」が日本人にとって最も聞き慣れない、
難しい英語
だと思います。
イギリス英語から来ているので、多少似ているとことはありますが、
1番難関なのはオーストラリア英語かと思います。

なぜ、オーストラリア英語は聞き取りづらいのか?

理由のひとつとしては、私たちが慣れている「アメリカ英語」とかなり違うからです。

〇単語の発音が異なる場合
“Can” 米:「キャン」濠:「カーン」
“Day” 米:「デイ」 濠:「ダーイ」

〇イントネーション
米:疑問文以外は語尾を下げる
濠:普通文でも語尾を上げる傾向がある

〇使用する単語も異なる
「エレベーター」米:“elevator” 濠:”lift”
「一階」米:“first floor” 濠:”ground floor”

一部の例を挙げましたが、他にもたくさんあります!
気になる方は、是非調べてみて下さい♪

自分の苦手分野を知ろう!!

TOEICの問題集や過去問題集を一通り解いてみて、
自分がどの問題を間違えたのか確認してください。

一般的な問題集の回答には、そのスピーカーが話す英語の種類が記載されているはずなので、
どの英語が自分の苦手としている分野なのかが分かります♪

また、スピーカーの性別でも得意・不得意があったりします。
私は、オーストラリアの女性の音声がなかなか聞き取れず((笑))、
自分の苦手な音だけを重点的に特訓したら、スコアが上がりました!

なので、やみくもにリスニング問題を解くのではなく、
自分の苦手を理解して、それを克服するための勉強が効率的ですよ★
ぜひ試してみてください♪

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

TOEICリスニング対策!色んなイントネーションに慣れよう!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験