英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ あなたは説明できる? 英単語の細かいニュアンスの違い!

あなたは説明できる? 英単語の細かいニュアンスの違い!

みなさん、こんにちは!
英会話教室リンゲージ池袋校です。

今日は、意味が同じ英単語の、細かいニュアンスについてお話したいと思います。

【見る】See/Look/Watch

“See” (意識せずに)見る。自然と目に入る。
“Look” (意識的に)視線を向ける。
“Watch” (映画・テレビ・スポーツなど動いている物や人を)見る。

この3つがよく使われるもの、かつよく混乱するものですね(笑)
この他にも“glance”(チラ見)や、“stare”(ジッとがん見する)など
さまざまなニュアンスの単語があるので、ぜひ細部まで理解できるといいですね♪

【話す】Speak/Talk/Chat

“Speak”  (一方的に)話す。演説をする。
“Talk” (相手と)話す。
“Chat”  (人と~について)おしゃべりをする。

同じ「話す」でも、微妙に違いがあるんですよね。
ちなみに、誰かと意見・情報交換のために会話を交わすのは、
“Conversation” の動詞で “converse”といいます。
ですが、これは少し硬い表現なのであまり使っている場面に
遭遇しないかもしれません(^^)

【学習する】Study/Learn

“Study”  自ら努力して勉強をする。(勉強の結果は重要ではない)
“Learn”  知識や技術などを習得する。(習得の結果が重要視されます)

普段何気なく使っている、“study” と ”learn” でも微妙な違いがあるんですね。
リンゲージでのレッスン内ではそこまで深く考えなくても大丈夫ですが、
こういった違いを知っていると、ネイティブとの会話はより深くまで
ニュアンスが掴めて楽しくなりそうですね♪

他にも色んな単語、それぞれの表現・使い方などがあるので是非調べてみてください★

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

あなたは説明できる? 英単語の細かいニュアンスの違い!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験