英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ 使える英単語を身に付けて語彙力を伸ばそう!

使える英単語を身に付けて語彙力を伸ばそう!

みなさん、こんにちは!
いつもお読みいただきありがとうございます★
英会話教室リンゲージ池袋校のSayakaです!

今日は、英語学習において必要とよくいわれる、
『語彙力アップ』について、いろいろ探究してみたいと思います!

英語学習初心者の方は特に、ボキャブラリーの増やし方に悩んでいらっしゃると思いますので、
ひとつの参考にしていただければ幸いです♪

ボキャブラリー、語彙ってなに?

そもそものお話から始めますが、よく「もっとボキャブラリーを増やしたい!」
と言っている方をお見掛けしますが、
ボキャブラリー、日本語だと「語彙力」これって何なんでしょうか?

例えば、私は日本人ですが、自分にどのくらいの日本語の語彙力があるか?
と聞かれたら、とても困ってしまいます。
ネイティブなので、日常生活に支障なく日本語で日々過ごしていますが、
実際のところ語彙力がたくさんないと、
コミュニケーションを取るのって難しいのでしょうか?

ここでみなさん、
ぜひ「赤ちゃん」だった頃を思い出してください。

赤ちゃんのころ、まず言葉にならない「喃語(なんご)」から始まり、
少しずつ簡単な単語が発せられるようになり、
そこからどんどん2語3語とくっついて話せるようになり...。

これは、周りの大人が言っている表現を自然と真似することから、
リスニング→スピーキングの順で徐々に習得
しているわけですが、

それこそ、悪い言葉も意味もわからずそのまま発音したりしてましたよね?(笑)
そうやって、実際に日常生活で使う母国語のシャワーを浴びながら成長してきたので、
そのうちに意味もセットでちゃんとした言葉遣い・表現を身に付けることができているんです。

つまり本来は、この方法で英単語も習得できると、
一番活用しやすくスピーキングに瞬発的に生かすことができるはずなのです!

英単語帳で覚えられる?

ところで、英会話教室リンゲージ池袋校のブログでも何度も豪語しておりますが、
筆者は本当に英語が嫌いでした。
...今も「好き」ではないかもしれません💦

なので、テスト前の英単語暗記、長文読解、
本当に苦手で苦痛ですごく嫌でした。
もちろん学校の先生は、おススメの英単語帳を紹介してくれたり、
自作で英単語帳を作成してみたりしたこともありました。
でも正直、それで英単語を覚えられましたか??

私の場合は、その場しのぎでなんとなくその時は頭に入りましたが、
その単語を使ってスピーキングに活かすというところまでは
まったく!浸透しませんでした。

結局、暗記したところで、その言葉自体を「使える単語」として身に付けることは、
英単語帳では不可能
だと私は思っています。

英語の感覚と共に覚えることがポイント!

では、もう赤ちゃんではない今、
できるだけ効率的かつ使える英単語をしっかり浸透させるには、
どのように覚えていけばいいのか?

例えば、「疲れた」とか「お腹が空いた」とか「のどが渇いた」など、
自分の身体の状態を表すとき、
それぞれ、“I’m tired.” “I’m hungry.” “I’m thirsty.”となりますが、
この単語をただ「目で読む・書いてみる」で覚えようとするのではなく、
それぞれの状況をちゃんとイメージして、
「ああ、今日は疲れたなぁ...」という時に、
「あ、英語だと”I’m tired today.”になるんだな」と変換してみて、
さらに、実際にちゃんと口に出して発音する!

あとオススメなのは、Googleの「イメージ検索」で英単語を検索してみること!
例えば、「汚い」という表現を例に上げると、

手が汚い→ “My hands are so dirty!!
部屋が汚い→”My room is so messy!!”

と、シチュエーションによって使われる表現が変わるのですが、
この”dirty” と、”messy” をイメージ検索してみると、
視覚からもその状況を確認できるので、
ただ英単語帳を流し見するよりずっと身体に浸透すると思います★

以上、「字面だけを追って覚えることほど、苦痛なものはない!」
と痛感している私からのおススメでした!

さて、長くなってしまったので今回はこの辺で!

これらの他にも、活きた英単語を習得する方法はまだまだありますので、
次回、また機会を見てアップしていこうと思います♪

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

使える英単語を身に付けて語彙力を伸ばそう!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験