英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ イタリア・ヴェネツィアにあるBurano島をご紹介♪

イタリア・ヴェネツィアにあるBurano島をご紹介♪

こんにちは!英会話教室リンゲージ池袋校のYukaです(^^)/

今回のブログでは、先日イタリア&フランス旅行に行って来た私がBurano島を
ご紹介します!

Burano島とは

みなさんBurano島ってご存知ですか?
Burano島はイタリアのヴェツィアにある島の1つです。

ヨーロッパというと、建物の色合いや形がきちんと揃っているイメージがあるかと思いますが、
この島にある建物はとてもカラフルで、一つ一つバラバラです!
ここまでカラフルな景色は観たことが無いと思うほどでした。

もともと漁業が盛んなBurano島では霧が出やすく、
漁から帰った漁師たちがすぐに自分の家を見つけられるようにと、
色分けが行われたと言われています。

Burano島へのアクセス

先ほどヴェネツィアにある島の一つとご紹介したBurano島へは、
イタリア語で”vaporetto”(ヴァポレット)と呼ばれる水上バスに乗って行きます。

ヴェネツィア本島の北側にあるF.te Nove(フォンダメンタ・ヌォーヴェ)”A”駅から
12番線に乗って、40分ほどでBurano駅に到着します。

運河が入り組んだヴェネツィア市内は車での移動ができないため、
基本的にヴァポレットか徒歩での移動となります。
ヴァポレットは1回券の場合€7.5、24時間券の場合€20です。
丸一日ヴェネツィア市内を散策するなら、24時間チケットを買った方がお得です♪

ヴァポレットにはたくさんの路線、駅があるので、
どの路線に乗ればいいのか、どこで降りればいいのかがとても分かりづらいです…(´・_・`)
Google Mapで目的地までのルートを検索し、表示にしたがって
ヴァポレットに乗るのがオススメです!

1つの駅にいくつかの乗り場がある駅もあり、F.te Nove駅もA,B,Cと
3つの乗り場があるので注意してくださいね☆

伝統工芸のレース編み

Burano島はカラフルな街並みのほかに、レース編みが有名です。
漁業がさかんであったBurano島では、漁で用いる網を修繕する技術も栄えました。
この技術がレース編みの技術へと発展し、Burano島の伝統工芸となったそうです。

島内にはブラーノ島で作られたレース編み製品を販売するお土産屋さんもたくさんあるので、
ぜひチェックしてみてくださいね!
運がよければ、実際にレースを編んでいる様子を見ることもできますよ♪

ヴェネチア本島からちょっと足を伸ばして、Burano観光、ぜひ行ってみて下さいね(*^^*)
ではまた!

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

イタリア・ヴェネツィアにあるBurano島をご紹介♪

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験