英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ 英作文の組み立てがムズカシイ!そんなときは?

英作文の組み立てがムズカシイ!そんなときは?

こんにちは!英会話教室リンゲージ池袋校アドバイザーのSayakaです★

今日は、日頃

「英作文を頭で組み立てるのが難しい!」
「話そうとしてもスラっと文にならない!」

そんなお悩みを抱えている皆さんのために、
私が今まで実践してみた、

「英作文の組み立て方」
「訓練方法」
「英作文との向き合い方」

をお教えしちゃいます!
文法を作るのが苦手な皆さん、ぜひ参考にしてみてください♪

そもそもなんで英作文は難しいのか?日本語との大きな違い

中学・高校の英語授業がとってもキライで苦手だった私は、
中間・期末テスト等の前に長文読解をする際に必ず、
先生からオススメされた「文の合間に/(スラッシュ)を入れる」
という作業をやっていました。
今となっては、どうしてそんなことに時間をかけなきゃいけなかったのか、
と思ってしまいますが、これにはまず日本語と英語の成り立ちの大きな違いが関係しています。

・英語は基本的に、結果を先に言いたがる
・日本語は、まず詳細をつけて、最後に結果を伝えようとする

簡単な例でいうと、

“I went shopping with my friends last Saturday”
「先週の土曜、友達とショッピングに行きました」

英語では、まず結果(動作)を先に持ってきます。
なので、何した→誰と?→いつ?の順になります。

しかし日本語は、先に日付や詳細を持ってきています。
なので、いつ?→誰と?→何した?

この時点で、日本人である私たちにとって、
英語の語順を頭で組み立てるのは、慣れるまで中々難しいということがよく理解できると思います。

オススメは『瞬間英作文トレーニング』!!

この、英語の成り立ち、「名詞+動詞+目的語(補語)+時」の流れを慣れさせるために、
オススメの勉強法は、『瞬間英作文』です!!
そして、この方法にはいくつかコツがいります。

1.「簡単すぎる」ものからチャレンジ!

例)・明日、友達と映画館に行く。
・彼女はとても優しくて可愛い。
・昨日、夕食でカレーライスを家族と食べた。
・2年前から英語の勉強を続けている。
・去年、グアムに行ってとても楽しい時間を過ごした。

例文を見てから、なるべくすぐに訳して英語で話してみてください!
最初のうちは、時間がかかってしまったり、
早く出そうとすると過去形や三人称を間違って言ってしまったり、
中々すぐに答えが出てこないかもしれません。

まずは頭の中で英文を作成する「回路」をつなげなければならないため、
なるべくスピードを上げてどんどん問題をこなしていくのがポイントです!

2. 英作文をしようとしない!
なんじゃそら!と思われるかもしれませんが、
瞬間英作文をする際は、なるべく頭で「作文しよう」と思わないことが大事です!
ライティングと同じ感覚で「主語がきて、次は動詞・・・」と考えながら話すと、
それだけスピードが落ち、相手とのコミュケーションが成り立たなくなってしまいます。

スラスラ口から英語を出すために必要なことは、
「英作文」と「口から出す」を同時に行うことが大切です!!

3. 暗記に頼らない!
暗記の最大の欠点は、「応用がきかない」ことにあります。
瞬間英作文の目的は『英語をゼロから即座に組み立てられるようになる』ことです。
暗記することでスラスラ話せたとしても、それは組み立てとは違う、
ということはわかっていただけると思います。

「文法ができる人」vs「語彙力がめっちゃある人」スピーキングに有利なのは?

ここまで読んで、「ああ、やっぱり私にはハードルが高いな・・・」
と感じた方。
一番大切なことは、「完璧を求めない!!」ということです。

「文法が違ったら、通じないんじゃないか?」
そう思って勇気が出ない方も多いかもしれません。
では、下記の文を見てみてください。

“yesterday, I go, restaurant, my family…”
文法めちゃくちゃで、過去形にもなってませんが、
何を言いたいかは伝わりますよね?

そうなんです、極端な話ですが、
もし「英文法をめちゃくちゃ勉強して、理論を理解している人」

「英文法は全然理解できていないけど、英単語を5000語覚えている人」

だったら、どちらが実践的なスピーキングに役立つと思いますか?
このブログの話題としては、若干本末転倒になってしまいますが(笑)

結果、英単語をしっかり覚えていて、相手の話を聞き取ることもできていれば、
相手に伝えたいことを伝える術は、いくらでもあります!

「英作文が苦手・・・」
「スピーキングでどうしても時間がかかってしまう・・・」
そんな方は、ぜひ失敗・間違いを恐れず、
めちゃくちゃでも問題ないので、まずは自分の伝えたいことを発してみてください!

その先に、「正しい文法とは」「もっと長く英文を作る方法とは」が待っています。

ちなみに、英会話スクールリンゲージの講師たちは、
みなさんのそんな言いたい表現をしっかり具現化して優しく教えてくれますので、
根気よく、スピーキングの訓練をしていっていただけたらと思います★

そしてもし簡単な英作文に慣れてきたら、
どんどん難しい文にチャレンジしていって、
抵抗なく英語が話せる人を目指していきましょう!

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

英作文の組み立てがムズカシイ!そんなときは?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験