英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ 第3弾!英語でLet’s cook♪~「混ぜる」を英語で表現すると?~

第3弾!英語でLet’s cook♪~「混ぜる」を英語で表現すると?~

皆さん、こんにちは!英会話教室リンゲージ池袋校です!

今回もやってきました英語でLet’s cookシリーズ!!(勝手にシリーズ化:P)
第3弾となる今回は「混ぜる」です!

以前ご紹介した「焼く」や「切る」より、日本語でも表現の幅が少ないと
思われがちな「混ぜる」ですが、意外にも色んな表現方法があったりするんです。
代表的なのは”Mix”ですが、他にはどんな表現があるのか??
早速見ていきましょう♪

【英語でLet’s cook♪】
☆「焼く」の英語表現
☆「切る」の英語表現

“Combine”

こちらも割と馴染みのある単語ではありますが、
日本語に訳すと「結合させる、一体化させる」といった意味合いになり、
料理シーンでは特に全く性質の異なる材料を合わせる時によく使われます。
例えば、
ドレッシングを作るとき「お酢、砂糖、オイルを混ぜる」と言いたいときは、

“Combine vinegar, sugar and oil.”

となります!

“Blend”

日本語でも「ブレンドコーヒー」や大流行した野菜ジュースなどを作る
ミキサーの事を”Blender”と言いますね。
こちらは「むらなく均一に混ぜ合わせる」という意味となります。

これは材料が、原型をとどめなくなるまで混ぜ合わせるというニュアンスを持っているので、
例えばサラダを作りたくてレタスときゅうりを混ぜるときには、
”Blend lettuce and cucumber”と言わないように気を付けましょう!!
この場合はMixで通じます☆

“Whisk” “Whip” “Beat”

“Whisk”は名詞としても意味があり、「泡立て器」ことです。
このことから泡立てるように混ぜることを動詞でも”Whisk”と表現します!

これとほぼ同じ意味なのが”Whip”ですが、
こちらはどちらかというと
”Whipped cream””Whipped egg whites”など、
特定の素材に使われる傾向が強いようです。

最後の”Beat”「(フォーク等を使って)強くかき混ぜる」という意味ですが、
池袋校アメリカ人講師のStaciによると

「この動詞が卵をかき混ぜる時以外に使われてるのを聞いたことがない」
「98%、卵専用の動詞

とまで言い切っていたので、
ネイティブの中ではそういった位置づけの動詞と考えて間違いないようです!

この他にもまだまだ「混ぜる」の意味を持つ表現はありますが、
全部紹介しきれないのが残念です…。

実際に料理をするときに、
「この調理法は英語で何て言うんだろう?」と興味を持ってみると、
料理と一緒に英語まで覚えられて一石二鳥ですよ♪

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

第3弾!英語でLet’s cook♪~「混ぜる」を英語で表現すると?~

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験