英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ ネイティブが普段使わない、日本人が使う英語

ネイティブが普段使わない、日本人が使う英語

こんにちは!英会話教室リンゲージ池袋校です。

単語帳で頑張って覚えた単語が、ネイティブの日常会話ではまず使われない言葉だった...
という経験はありますか?もしくはそんな経験を聞いたことがあるのでは?
そこで今回は、池袋校の講師に普段話していて聞かない英語たちを聞いてみました!!

“Seldom”

めったに~ない
の意味で使われるこの単語

私は高校生の時に単語帳で覚えました。
しかしこれはネイティブが「めったに」使わ「ない」単語です。

代わりによく使うのは“rarely” “not often”などです。

“I rarely eat natto” =私はめったに納豆を食べません。
“I don’t visit the theatre very often” =私は映画館にはぜんぜん行きません。

“Moreover”

“I ate two slices of bread. Moreover, I had an omelet.”
ある日本人がイギリス出身の先生にこう言って、
先生は一瞬理解できなかったそうです。
なぜなら、”Moreover” は普段あまり使わないからです。

リンゲージの講師に聞いてみても、
普段の会話で”Moreover” とは言わないそうです。

同じ意味で一番使うのは、“also”だそうです。
簡単ですね!

ただ、リサーチペーパーやビジネス英語では“Moreover” は
使ってもヘンではないそうなので、場面でうまく使い分けられます。

“Play” 遊ぶ??

「昨日友達と池袋で遊んだ。」と言いたいとき、
皆さんならどういう英語にしますか?
日本人が言いがちなのが、

“I played with my friends in Ikebukuro”

しかし、この ”play” という単語は、
「(ゲームをして)遊ぶ」「(運動を)する」が主な意味なので、
私たちの言いたい日本語を必ずしもうまく訳せていません。

もし、「昨日友達と池袋で遊んだ。」の「遊んだ」が
「池袋でぶらぶらしながら色々な店を見た」という意味であれば、

“I hanged out with my friends in Ikebukuro”

のように、“hang out with” を使った方がよく伝わります。

日本人には「遊ぶ」=”play”
と考えてしまう人が多いそうなので、ぜひ意識してみてください。

正しい英語か分からない時は?

いかがでしたか。
単語テストで覚えたものでも、実際にはネイティブがあまり使わなかったりします。
自分の使っている英語が正しいのか気になるときは、

”Is this expression alright?” =この表現は合ってる?
”Do you say ○○ (like this)?” =私が言ったみたいに、あなたも○○って言う?
“What else can I say?” =ほかにどんな良い方がある?

などと尋ねると、より適した言い方や別の表現を教えてもらえますよ!

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

ネイティブが普段使わない、日本人が使う英語

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験