聞かれるかもしれない日本文化

こんにちは!英会話教室リンゲージ池袋校です。

海外に行かれたことがある方は、自分が日本から来たといった瞬間
日本文化について質問された経験はありませんか?

日本で生まれ育つとわからなくても気にしないようなことを外国人に聞かれると、
意外に答えられないことってありますよね。
今回のブログでは、そんな曖昧になりがちな日本文化3選を徹底解説しようと思います。

着物と浴衣はどう違うの?

これを聞かれたら何と答えますか?
意外とわからない方も多いのではないでしょうか。

簡潔に言うと、浴衣は着物の一種です。
「着物」は現在では「和服」を表す言葉として
認識されていますが、
実際には生地や模様で留袖や小紋などと種類が分かれます
浴衣も和服ですので、
数ある着物の中の一つと言われます。

しかし、浴衣はもともと寝間着として使われていた事実がありますので、
留袖や小紋などの着物に対して比較的生地が薄く、軽いものになっています。
汗をかいてもすぐに洗えるので、
夏祭りなどでは浴衣を着る人の方が多いですよね。

それに対して着物は、
生地がもっとしっかりしており、透けることがありません。
また、単品で着られる浴衣と違い、
着物は必ず下に長襦袢を着ます。

現代でも大きな違いとして、
着物と浴衣では着る場面が異なります。
着物は正装として適当な服でありますが、
浴衣はそうではありません。

これで共通点・類似点と相違点を簡潔に説明しました!

なんでそんなに飲み会が多いの!?

日本の会社では、
同僚や上司と仕事のあとによく「飲み会」にいきますよね。
とくに、
年末の忘年会
新入社員の歓迎会
退職する人の送別会
はほとんどの企業であるのではないでしょうか。

海外の人からすると、
この飲み会がなぜそんなに多く行われるのか、
そしてなぜ酔いつぶれるまで飲むのか、
不思議で仕方がないそうです。

彼らは、飲み会をするとしても
仲の良い人と行くだけで、
しかもお酒は1,2杯しか飲まないことが多いそうです。

日本の飲み会の習慣に疑問を持つ人がいたら、
“That’s our style”=これが私たちの習慣だよ
“This is just usual”=これが普通だよ
と言ってもいいかもしれませんね。

地域の伝統的な料理は?

旅行をする人は、
その地域独自の文化を知りたいと思いますよね。
特に食に関して、
その地域にしかない伝統料理や食材があったらぜひ食べてみたい、
と考えるのが普通ではないでしょうか。

ですので、自分の住む地域の伝統料理を
英語で伝えられるように練習しておくと
とても喜ばれるかもしれません。

これに関しては地域ごとに違いがありますので、
今回は山梨県で有名な「ほうとう」を英語で説明してみます。

“Houtou is a traditional food in Yamanashi.”
「ほうとうは山梨県の伝統的な料理です」
“This is a noodle dish with miso flavor”
「これはみそ味のうどんです。」
“We prefer to eat that in winter because it warms us up”
「ほうとうは食べると暖かくなるから、私たちは冬に好んで食べます」

いかがでしょうか。
今回のブログでは、外国人に聞かれそうな日本のことについて少しご紹介しました。
伝統料理に関しては、
ぜひご自身の故郷の料理を英語で説明する練習をしてみてくださいね。

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

聞かれるかもしれない日本文化

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験