留守番電話の英語フレーズ

皆さんこんにちは!英会話教室リンゲージ池袋校スタッフです。
今回は留守電を残すときに使う英語フレーズをいくつかご紹介します☆☆

留守電を英語で??

留守番電話は”voicemail”と言い、
メッセージを残すことを英語で”leave a message”と言います。

留守電で”Please leave (us) a message.”というアナウンスの後に
ビープ音(録音開始音)がなることが多いです。

メッセージ(”voicemail”)を残す

まずは、用件を伝えます。

“I‘m calling about~” 「~について電話しています。」

例)“I’m calling about the appointment I made yesterday.” 
「昨日予約した件について電話しています。」

次に、今後のアクションについて伝えます。
例えば、
1) 折り返し電話が欲しいとき
“Can(Could)you call me back when you get this message?” 
「このメッセージを聞いたら折り返しお電話いただけますか。」

“Call you back“ 以外に”get back to you”という表現もあります☆

2) 再度自分から電話するとき
“I would like to call you later again.” 「後でまた電話します。」

最後に・・・

日本の電話でも留守電はやり直しがきかない場合が多いので、
英語でメッセージを残すのはとても緊張すると思いますが、
勇気をもってトライしてみてはいかがでしょうか??

もちろん、自分の名前と電話番号
伝え忘れないよう気をつけてくださいね☺

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

留守番電話の英語フレーズ

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ 留守番電話の英語フレーズ