英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ “How are you?”以外の「元気ですか??」

“How are you?”以外の「元気ですか??」

皆さんこんにちは!!英会話教室リンゲージ池袋校です!

みなさんは、人と会う時に、つい”How are you?”ばかり使っていませんか?
今回は”How are you?”以外の表現をいくつかご紹介します!

”How are you doing?”

”How are you doing?”は、”How are you?”よりもナチュラルな表現
ネイティブの方がよく使っています!

”How are you doing?”を発音するときに”How you doing?”と
”are”が省略されることが多いのでぜひ真似してみてください♪

”How have you been?”

”How have you been?”は、しばらく会っていない人へ使われることが多いです。
文法的にいうと「現在完了形」になるので、「(最近から今に至るまで)元気でしたか?」
というニュアンスになります!

答えるときは、”I’ve been good.”「(最近から今に至るまで)元気だよ。」など
質問と同じく「現在完了形」で答えます☺

”What’s up?”

”What’s up?”は、くだけた表現で友達などの親しい人へ使われます。
”What are you up to?”の略でもともとは「何か新しいことありましたか?・何していますか?」
という意味です。

”How are you?”の答え方と異なり、”No so much”や”What’s up?”で返答することが多いです。

例)
A: ”Hey! What’s up?” 「やあ!最近どう?」
B: ”No so much.” 「特に何もないよ。」

A: ”What’s up?” 「やあ!」
B: ”What’s up?” 「やあ!」

皆さんも状況に合わせて、様々な「元気ですか?」の表現を使ってみては
いかがでしょうか??(*’▽’)

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

“How are you?”以外の「元気ですか??」

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験